my Favorites photo

言葉に出来ない、言葉にしきれない、感動の瞬間を逃したらもう出会えない,そんな思いこみ写真

ひなげし 

 |





一日一花季語の花「ひなげし」 5月17日

「ひなげしの曲りて立ちて白き陽に」 山口青邨

「ひなげしの彩やはらかに風まかせ」 河内左千子

「ひなげしの蜂来れば揺れ去ればゆれ」 式部野蓼








一口メモ 花粉乱れ飛ぶ

牡丹の花が初夏の光のさざなみの中で、静かに咲き、そして散ってゆきます

牡丹の花のほかに、ハナミズキ、フィジ、ヤマブキ、ツツジなどが咲き乱れ

黄緑の柿の若葉そして、ハナズオウやライラックの花もまだ残っている

これだけ花が咲いてるのだから、五月の空には花粉がいっぱいだろうなって思う





新緑映えて風まばゆい5月です

いつもご覧いただきありがとうございます・・これからもよろしく


画像掲示板・入口


07:00 |  trackback: -- | comment: -- | edit

若楓(わかかえで 

 |





一日一花季語の花「若楓(わかかえで)」 5月16日

「動くものみまやわらし若楓」 内藤雅子

「差しのべし手に染むばかり若楓」 小川濤美子

「膝の上京菓子となる若楓」 中嶋秀子










一口メモ 五月の風

五月の吹くそよ風を薫風といいます

薫は「かおりのよい草木」という意味ですので

薫風は草木の香を運ぶ心地よい風のことをいいます

また、青嵐(あおあらし・せいらん)という言葉もあります

青葉の茂るころに吹き、薫風よりもやや強い風です

梅雨に入る前の清々しい五月の風を満喫しておきましょう





新緑映えて風まばゆい5月です

いつもご覧いただきありがとうございます・・これからもよろしく




画像掲示板・入口


07:00 |  trackback: -- | comment: -- | edit

小判草 

 |






 一日一花季語の花「小判草」 5月15日

「小判草ゆっくりと揺れ迅く揺れ」 清崎敏郎

「小判草摘んで千両ほどの音」 小金千鶴

「小判草引けばちゃやすく抜けるもの」 星野 椿






一口メモ 霧、靄、霞、朧

霧、靄、霞、朧・・読めますかキリ、モヤ、カスミ、オボロと読みます

霧は衰じぃうきが凝結して小さな水滴になり大気中に浮かんでいる状態

見通せる距離が1000メ-トル未満を霧、それ以上を靄と呼んでいます

普通人々が霞と呼んでいる現象には、霧、靄、煙霧、雲、黄砂などの場合があり

俳句などでは、霧は秋の季語、春の霧は霞 夜の霞は、朧と分けて使っています

四季の繊細な変化を表す素晴らしい言葉です

上の4文字の中で、気象観測の用語にない文字はどれでしょう・・・

それは・・・霞という言葉です~~意外な気もするでしょう

ちなみに中国で詩やことわざに出てくる霞は、朝焼け夕焼けを指しているそうです



新緑映えて風まばゆい5月です

いつもご覧いただきありがとうございます・・これからもよろしく


画像掲示板・入口


07:00 |  trackback: -- | comment: -- | edit

カーネーション2 

 |





5月14日 一日一花季語の花「カーネーション2」

「カーネーション」は季語として確立されていますが

この日同じように「母の日」も季語として使われています

「カーネーション届いてをりし旅帰り」 稲畑汀子

「花売女カーネーションを抱き歌ふ」山口青邨

「花の日もやさしい母になりきれず」 谷口まち子

「母の日や鏡のぞけば母の顔」 瀬川秋子




一口メモ 母の日

五月の第二日曜日は母の日です 日頃のお母さんの苦労をいたわり、感謝の気持ちを

表す日ですが、その起源は世界中でさまざまで、日付も異なります

一般的に赤いカーネーションを贈りますが、母親が亡くなった人は白いカーネーション

子供のころに母親を亡くしたので、学校でこの日が来ると嫌でした・・

白いカーネーションは、自分だけだったことがとてもつらかった・・思い出

最近では、カーネーションに限らずバラやガーベラなども

好んで贈られるようになりました


新緑映えて風まばゆい5月です

いつもご覧いただきありがとうございます・・これからもよろしく


画像掲示板・入口


07:00 |  trackback: -- | comment: -- | edit

カーネーション1 

 |





5月13日 一日一花季語の花「カーネーション1」

「カーネーションのフリル少女期早く過ぎ」 嶋田麻紀

「カーネーション抱きて座る祝善」 西村けんさい

「カーネーション午後は女の時間濃く」 薦田伸子






一口メモ カーネーション

カーネーションが生まれたのは、旧ソ連のコーカサス地方(黒海とカスピ海に

挟まれたカフカス山脈を取り囲む地域)北緯43度付近・・

ここは北海道と同じくらいの緯度にあたります このため寒さに強いけれど

暑さや湿気に弱い特徴もあり、長持ちさせるには風通しの良い場所に置くとよい

キリン花は毎日水を入れ変えて水温が上がらないようにすると長持ちします





新緑映えて風まばゆい5月です

いつもご覧いただきありがとうございます・・これからもよろしく




画像掲示板・入口

07:00 |  trackback: -- | comment: -- | edit