ハンカチの木





ハンカチの木

学名:Davidia involucrata 別名:ハトノキ 原産地:中国

中国の西部から南部に分布する落葉性の高木で

標高1200m~1500mの日当たりのよい斜面に自生します

生長すると樹高20mに達し、幹の直径は1mにもなります

葉は縁にぎざぎざがあり、裏側を見ると葉脈の部分が盛り上がっています

春に葉を広げると同時に枝から短い柄を下向きに伸ばして花を咲かせます

花は白く色づいた苞と呼ばれる大きな葉っぱが2枚と花の本体からなり

花びらはなく、花の本体は苞にくるまれるよう中心に付き

沢山の雄花と1本の雌花が集まってピンポン玉のように丸くなります(両生花)

属名のダビディアはこの植物を発見したフランス人の神父

アルマン・ダビットの名前にちなみます

ダビット神父はジャイアントパンダを発見した人物としても有名です

和名のハンカチノキや別名のハトノキは大きな白い苞に由来します









スポンサーサイト

コメント

こんにちは。

いろんな木がありますね。
白は苞ですか。
チョット見ると神社のおみくじを結んだ木のような。
白鳩が多く木に留まって居るようにも見えますね。

黄色の苞なら「イッパイの幸せが来るのに」!と思いました。

花筏の名にはかないませんが
ハンカチの木も良い名だと思いませんか。
ヒラヒラと爽やかな5月の風に揺れるハンカチ。
いいですね(^^)

ハンカチの木とかあるんですかw
初めて見ました!
知らないと花びらだと思いますよね^^:
いつも 色んな花の紹介楽しみですヽ(*^^*)ノ

「誰か木に白い布をぶら下げたか」というような、まさにハンカチの木ですね。
名前を付けた人は、見たものそのままですね。
名前を見ると、ニッコリしてしまします。

私のお友達の庭にも大きなハンカチノキがあり
見せていただきました。
木綿のハンカチが風に揺れる初夏のお花ですね~
とってもさわやかです。

ヾ(o・_●・) ノこんばんはぁ♪

ハンカチの木を見たとき
不思議な花でしたね
名前のようにヒラヒラしてましたね。

いいネーミングですよね。
でも見れば見るほど不思議なかたちです。
ハトノキは初めて聞きました。なるほど鳩の翼に見立ててるんですね。

マイブログにコメントありがとうございました
ハンカチの木
2番目の光が透けたのが好きです

葉っぱのふちがギザギザになっているのと
対照的な花のふちが直線的なのが面白いです

ハンカチの木の花を耳にしたとき
見たいなぁ・・・って思っていたら
花フェスタで初めて見て
あ~~ これがハンカチの木の花だ!
と一目見てわかりました。

ハンカチがお洗濯物のようにぶら下がっていますよね^^

こんにちは^^

ハンカチの木、名前だけは知ってますが
実物に出逢ったことはないのですよ。
白い部分、花びらじゃないんですね。
ハンカチが風に揺れる様、見てみたいです~^^

こんにちは

真っ白なハンカチが沢山ですね^^)
昨日植物園で案内してたけど、そっちへは行かなかったへそ曲がりです^^)

遅咲きのチューリップにまたもや夢中になった私でした~(笑)

ハンカチの木のイメージを見事に撮りましたね。
なかなか上手く撮れませんもの~
良いお天気だから、たくさんのハンカチもパリッと乾いたでしょう!=^_^=

今夜はハンカチの木を見て癒されてから寝ます~
ハンカチの木は岐阜の花フェスタの中でしか見たことないんですが。
ほんとにハンカチみたいで、、、どうやって散るのかと
興味津々なのです。モクレンみたいになるのかな?

これはまた近くから撮りましたね。
ハンカチの構造がよくわかる写真です。
遠くから撮ったのは皆さんのプログで拝見するのですが、
なかなか良くわからなかったのです。

いつ見ても不思議な花ですよねぇ~^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント