ハナズオウ





ハナズオウ

中国原産で、江戸時代に渡来したといわれています

紫を帯びた濃いピンクの花が枝に固まってつき

全体が花で埋め尽くされたように咲きます

花は葉よりも先に開き、一つの花が3,4日咲いています

花の色が、同じ豆科の熱帯樹木、蘇芳(すおう)で染めた色に

似ているからついたそうで、スオウバナという別名があります

園芸品種には、シロバナハナズオウという白い花のものがあります

花言葉は、「高貴」「質素」「不信仰」「裏切り」「疑惑」「豊かな生涯」「目覚め」

西洋種は、「ユダ・ツリー」と呼ばれ、キリストを裏切った弟子・ユダが

この木で首をつったという伝説に基づいたとされるために

ネガティブな意味の花言葉はそこからきたものらしい












スポンサーサイト
[ 2013/04/26 ] | TB(0) | CM(26)

はじめて見たような気がしますが、ぱふぱふさんが写真を撮ると
違って見えるので、もしかしたら見ても
気にとまらなかったかもしれません。

それにしても花言葉が沢山あってビックリですね!
[ 2013/04/26 10:05 ] [ 編集 ]

花がメインのはずなのに
なぜか最後の葉っぱが強く印象に残る・・・。
なぜかな?
あっ、分かった!
赤いハートだからだ(#^.^#)
[ 2013/04/26 10:41 ] [ 編集 ]

もう20年以上前 友達の家を新築した際 この花を庭先に植えていました。 
つい先日 その前を通ったら あの時と同じように蕾が枝にぎっしり付いているって感じでした。
蕾の時は 濃い紫色なのに 咲くとこんなに淡く可憐な色合いの花なんですね。

ハートの葉っぱが目を引きますね。
[ 2013/04/26 11:21 ] [ 編集 ]

3枚目の写真は
花びらが、花を映し出してる・・ のですか?
まるで何かを閉じ込めるように・・。
そっと閉じ込めておきたいものが・・あるのかな。
花言葉とあわせると
何だかチョッピリ切ないですね^^;

[ 2013/04/26 14:09 ] [ 編集 ]

花がびっしりと付いた木が良く目立ちます。
写真に撮ったことは一度ぐらいでなかなか撮らないです。
撮りにくいんですよ~
最後のハート・・・
葉っぱがハートだとは知らなかったです。
お花ばかりが気になってました。
[ 2013/04/26 15:11 ] [ 編集 ]

こんにちは。

綺麗な花ですね。(初めて見たような)
寒い地方でも育つのでしょうか?

花言葉もいろいろですね「裏切り」があって」「豊かな生涯」?
裏切りを重ねて豊かな生涯と言えるのか!「疑惑」ですね。
[ 2013/04/26 15:40 ] [ 編集 ]

豆の花のような形の花ですね。
幹から直接花が付のも不思議な気がします。
[ 2013/04/26 16:14 ] [ 編集 ]

この花、ハナズオウっていうんですか!
先日みつけて写真に撮ったのですが、
名前がわからなくて・・。
ハート形がとってもキュートですよね。
[ 2013/04/26 16:23 ] [ 編集 ]



花のいちばん美しい瞬間をとらえての写真集、
思わず感動のため息をつきました。
プロでいらっしゃいますね。
詩を書かれる方なので写真にも詩情が溢れています。
堪能させて頂きました。
[ 2013/04/26 17:07 ] [ 編集 ]

枝の周りを花がびっしりくっついて咲いてて
いつ見ても不思議な花やなぁ~
と思ってしまいます(笑)

葉っぱの印象は無かったけど
ハートやったんですね^^
[ 2013/04/26 18:49 ] [ 編集 ]

近くの家の庭にあって、花の色の鮮やかさに目が引き寄せられますが、葉が出ると、これまた花の色との対比が美しい!
蘇芳色は和の色ですね。
[ 2013/04/26 21:35 ] [ 編集 ]

*MiKi*さん・・・

たぶんそれほど珍しい花ではないので
どこなの庭で咲いていたり
公園で植えられているのをご覧になってると思います
ただ花が密集して咲いているので、じっくりと見て
形を記憶はされにくい花です~

でもこうして見て見ると可愛いでしょう
[ 2013/04/27 09:13 ] [ 編集 ]

miyaさん・・・

>花がメインのはずなのに
なぜか最後の葉っぱが強く印象に残る・・・。

そうなんです・・この木の葉は、ハート形してるんです
そこを意識して目が行くような場所に
写してますので・・花よりも葉っぱ意識の写真です
[ 2013/04/27 09:15 ] [ 編集 ]

チビ太さん・・・

>もう20年以上前 友達の家を新築した際 この花を庭先に植えていました。 
つい先日 その前を通ったら あの時と同じように蕾が枝にぎっしり付いているって感じでした

そうでしたか・・記念樹ですね
木はそうして見るとそこに根つくと
長く育つものですね・・
改めてすごいって気がします~
❤可愛いでしょう
[ 2013/04/27 09:18 ] [ 編集 ]

akoさん・・・

>3枚目の写真は
花びらが、花を映し出してる・・ のですか?
まるで何かを閉じ込めるように・・。
そっと閉じ込めておきたいものが・・あるのかな。

そうそう~光が花びらの中を写しだしてます
閉じ込めるのではなくて・・
心の中を見せてるのかもしれないですよ(笑)
人が悲しい名前を西洋ではつけているけど・・
わたくしはこんなに晴れ晴れとして咲いてます・・と
決して辛い思いなどしてないって言ってる気がします
[ 2013/04/27 09:21 ] [ 編集 ]

otomeさん・・・

>花がびっしりと付いた木が良く目立ちます。

そうですね・・木にびっしりと花が咲きますから
写し辛いかもしれないですね(笑)

>最後のハート・・・
葉っぱがハートだとは知らなかったです。
お花ばかりが気になってました

花が終わりかけると可愛い葉が出てきます・・
そのときが一番ハート型がかわいいですね
なんと言っても私は・・ハートハンター自認してますから
❤に見えるものなら何でも写してます(爆)
[ 2013/04/27 09:24 ] [ 編集 ]

masaさん・・・

>綺麗な花ですね。(初めて見たような)
寒い地方でも育つのでしょうか?

極端な寒冷地でなければ育つはずですし・・
げんに新潟でも場所忘れましたが・・
咲いてるの見かけたことありますよ・・

花言葉は・・地域で皆違った生活感を基に
つけますので・・西洋・特にキリスト圏では
よい意味合いではないですね

[ 2013/04/27 09:29 ] [ 編集 ]

れんげさん・・・

そうです・・よくご存じですね~
マメ科の木ですので・・花の後には
沢山の実が豆となってぶら下がります
大きな実です・・豆の束になります(笑)
[ 2013/04/27 09:31 ] [ 編集 ]

emiri+さん・・・

そうですか・・もう写されたんですね・・
名前が掛けてないところが多いから~
折角きれいな花だと思っても・
名前がなかなか見つからないことありますね・・
良かったですね・・偶然・名前が分かって(笑)

葉っぱも出始めたころが一番かわいい顔してます
ハートが大きくなると~あまり目立たなくなります
[ 2013/04/27 09:34 ] [ 編集 ]

コウコさん・・・

いらっしゃいませ・・ようこそ
わざわざお越しいただき
コメントもありがとうございます~
おまけに過分なおほめの言葉・・
舞いあがってしまいます・・
お世辞に弱いタイプですから・・
正直な方大好きです(爆)
[ 2013/04/27 09:36 ] [ 編集 ]

のほほんさん・・・

>枝の周りを花がびっしりくっついて咲いてて
いつ見ても不思議な花やなぁ~
と思ってしまいます(笑)


この花をご存知ですね・・
びっしりとつく花は時々ピンクの塊にしか
見えないこともあるほど・・咲きますね

そうなんですよ・・若葉はかわいいハート型なんです
[ 2013/04/27 09:38 ] [ 編集 ]

MONAさん・・・

>近くの家の庭にあって
花の色の鮮やかさに目が引き寄せられますが
葉が出ると、これまた花の色との対比が美しい!
蘇芳色は和の色ですね

そうなんですね・・桃が咲き終わる頃・・
一段と目につくピンクが美しいですね

そうなんです・・若葉の出るころは
またかわいくて大好きなんですよ

確かに・・同じピンク系でも日本的な
和の色合いを強く感じますね
[ 2013/04/27 09:41 ] [ 編集 ]

あ~ぁぁあ!!
まわりに咲く花を映し出してるのではなく
花びらの中を映し出してるのかぁ・・。
だとしたら・・

>心の中を見せてるのかもしれないですよ(笑)

確かに・・ こっちですよね^^
「気づいてね」って
心の扉、あけようとしてるのですね^^
[ 2013/04/27 13:45 ] [ 編集 ]

akoさん・・・

>確かに・・ こっちですよね^^
「気づいてね」って
心の扉、あけようとしてるのですね^^

そうそう~いつもあなたに気づいてほしいと
見つめていますってね~
[ 2013/04/28 09:02 ] [ 編集 ]

ユダツリーなんて名前があるんですね。何だかこれからは、歴史の重みを感じてしまいそうです。。
[ 2013/04/30 14:10 ] [ 編集 ]

霜月洸さん・・・

すいません・・・コメント見落としていました

>ユダツリーなんて名前があるんですね。何だかこれからは、歴史の重みを感じてしまいそうです。。

そうですね・・地域の生活感による名前があるので・・
その地域世界観で受け取り方が違うようですね・・
多分に宗教感が日本とは違うようで・・
こだわる国が多いですね(笑)
意外なところで歴史的なことも知ると~^
見方も変わって花をじっくり見る機会になるかもしれませんね
[ 2013/05/01 13:34 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://horikaz2.blog.fc2.com/tb.php/606-f31edb93