菜の花






菜の花

幼いころ最初に覚えた花の名前の一つですね

「♪う~のはなのにおう垣根に~~」また唱歌では「ホトトギスはやもき鳴きて~」

正直、この唱歌の意味がわからないまま歌っていましたね

その点「なのはな」はわかりやすかったですね

垣根ではなく田んぼのあちこちで、眩しいような黄色のゾーンができていました

茎は細く、上で二つの分かれていて、それぞれの先端に花がつきます

背比べをするように並び立ち、鼻を花に近づけると、くすぐるようにまとわりつきます

子供のころ遊びを通じて親しんだ花が、セイヨウアブラナであることを知ったのは

大人になってからです。栽培種だったのが野生化したのでしょう



黄色のゾーンを作っていたのは、栽培用だったのでしょうが、タネをまくだけで

手入れの必要性がないから、ただ黄色の絨毯が広がっていて人の姿は見たことがない

菜の花自体もてんでんばらばらで伸びあがってるように見える

そして風が吹くとワイワイ騒ぎ立てもつれあってるように見えてしまう(笑)

春の黄色は子供のころを思い出させてくれます









下の別ブログ名前をクリックすれば移動します


ぱふぱふの別館  入口 歳時記による季節の花ブログ「その日その時」


スポンサーサイト
[ 2013/03/14 ] | TB(0) | CM(10)

田舎育ちの私には、特に珍しくも無い花でしたが
こうして写真にとってじっくりみると可愛い花なんですねぇ

もうすっかり春なんですね、いろんな花のある季節でもありますね。
[ 2013/03/14 10:05 ] [ 編集 ]

春ですねぇ^^
ハチさんも嬉しそうですッ♪
[ 2013/03/14 15:42 ] [ 編集 ]

ヾ(o・_●・) ノこんばんはぁ♪

菜の花
素敵に撮れてますね。
蜂もバッチリ・・・
忙しく蜜集めですねi-278
[ 2013/03/14 21:52 ] [ 編集 ]

あたたかい黄色を見ると
疲れた気持ちも元気になってきました。

菜の花は私も子供の頃を思い出しますよ。

黄色はしあわせの色ですね。
自然の恵みを運んでくれる蜜蜂は働き者です。
[ 2013/03/14 22:05 ] [ 編集 ]

畑地の所々に、黄色いじゅうたんが敷かれています。
菜の花色は春の色・・・
[ 2013/03/14 22:40 ] [ 編集 ]

*MiKi*さん・・・

そうですね・・田舎育ちには
さほど珍しくもない花ですし・ことさら話題も~
でも町に住み慣れると・・日ごろ目にしていた花が
なんだか妙に懐かしくいとおしく見えるものです
又長い厳しい冬で色を失っている季節だから
春になって明るい黄色の花を見ると・・すごく元気になる
待ち遠しい春が来た喜びが花の色とともに・・
心に沁みます・・菜の花は見て良し食べて良しです
[ 2013/03/15 08:54 ] [ 編集 ]

akoさん・・・

>春ですねぇ^^
ハチさんも嬉しそうですッ♪


この色この花見ると・・春って思いますね
蜂は人が思うほど感情的ではないかもしれないけれど
一生懸命蜜や花粉集めに忙しそうです
気温が上がって動きが活発になってきました
[ 2013/03/15 08:56 ] [ 編集 ]

パンダさん・・・

ありがとう~
菜の花には、沢山ミツバチが集まっていました
虫も活発になる気温で・・忙しそうでした
春の日差しを背中に受けて、
風を気にしながらの写真でした
[ 2013/03/15 08:58 ] [ 編集 ]

葉月さん・・・

>あたたかい黄色を見ると
疲れた気持ちも元気になってきました。

長い色のない冬から・・明るい黄色を見ると
元気が出ますね・・春は素敵dす


>菜の花は私も子供の頃を思い出しますよ。

最近は町では見る機会が少ない花です
子供のころはどこでもすぐ目にしたんですけどね

>黄色はしあわせの色ですね。
自然の恵みを運んでくれる蜜蜂は働き者です。

「黄色いハンカチ」の映画を思い出します
幸せ色です・・黄色は。
ミツバチもこれからますます忙しくなりますね
[ 2013/03/15 09:01 ] [ 編集 ]

MONAさん・・・

>畑地の所々に、黄色いじゅうたんが敷かれています。
菜の花色は春の色・・・

最近は菜の花植える畑が減っています
集客目的で植えている施設もありますが・・
街外れの畑がなくなってきて・・
河原の隅でちょこんと咲いている菜の花が
妙にいとおしく感じられることがあります(笑)

春色の菜の花・・欠かせない被写体です
[ 2013/03/15 09:03 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://horikaz2.blog.fc2.com/tb.php/535-d5cac245