フクジュソウ





フクジュソウ

一般的に植物の学名は、植物学者以外にはあまり用のないものですが

写真家には知っておく必要がたびたび出てきます

知らなくても済んでゆきますが、文章を挟むとどうしても名前の必要性が出てきます

もちろん和名もあるし、詳しい名前で書くことで花にも愛着持ってみていただける

よさもありますが、だからと言って覚えてもらえる確率は非常に少なくむしろ忘れます(爆)




所がこのフクジュソウの和名は一度聴いたら必ず覚える花ですね

そこで子の学名となると、「アドニス・アムレンシス」といいます

意味は、アムールのアドニス・・ロシアと中国の国境を流れるアムール川

古典ギリシャの美少年アドニスを結びつけたものです「アムール川の美少年」です

たぶん意味として記憶できそうですよね

アムール川と言えば、アムール虎で知られていますが、川一帯は寒冷地で

フクジュソウは寒さに強く、シベリア、カラフトに自生しています

わが国では北の地方に群生していますが、和名の福寿草の文字も花に応じています

旧暦の正月ころに咲き始め、昔の人には「福寿」をもたらす使者と思えたのでしょう

色具合が、黄金の小判に似ていて、欲張りな人は、点々と咲きそろう姿は

小判が当たりに散らばっているような気がしたのかもしれません

アムール川のアドニスは、太陽恋しいと花が開いては閉じるのです









下の別ブログ名前をクリックすれば移動します


ぱふぱふの別館  入口 歳時記による季節の花ブログ「その日その時」


スポンサーサイト
[ 2013/02/05 ] | TB(0) | CM(8)

福寿草知っていますよ、雪の下からでも
日差しがあれば花が開くとか… 

私みたいに 可愛く強い花ですね(´ー`*)ウンウン
黄金色に輝いています←え
[ 2013/02/05 15:21 ] [ 編集 ]

春を運んでくる花ですよね。
この黄色もしあわせの色です。

pafuさんの撮られる写真はいつも
色がとってもきれいなので見惚れてしまいます。

私もこんな美しい色合いが出せる様になりたいなぁ・・・。
[ 2013/02/05 16:07 ] [ 編集 ]

もう咲いているところもあるのですね、って
だから写しているのにぃ…
わが家ではまだまだ3月くらいにならないと見られないのかも、
ブログ最初の頃、撮りました多分3月10日と思いますので、
タイトルを「3月10日の花」としたら、その日は福寿草の日なのですかなんて質問ありました。
[ 2013/02/05 17:07 ] [ 編集 ]

mikiさん・・・

>私みたいに 可愛く強い花ですね(´ー`*)ウンウン
黄金色に輝いています←え

本人が言うんだから・・間違いないね
決して勘違いだなんてこれっポッチも
思いませんよ(ウソが下手ですいません)
[ 2013/02/06 08:50 ] [ 編集 ]

葉月さん・・・

>春を運んでくる花ですよね。
この黄色もしあわせの色です。


そうですね・・春は・・黄色の花で・・
幸せを運んで来てくれます

写真は恋するように写そうっていう・・
お友達が美しい写真写してますが~
私も同感です・・恋する相手のように被写体を見て
優しいまなざしで写せば・・
そしてそういう花の見方をすれば・・
花もきっともっと輝いてくれると思います


[ 2013/02/06 08:53 ] [ 編集 ]

玲さん・・・

かなりの地域で咲き始めてますが・・
そちらはまだのようですね・・
それでも間もなくでしょう~
3月に入ってから・・ですか
梅が咲き始めましたから・・
その前には咲くでしょう
[ 2013/02/06 08:55 ] [ 編集 ]

福寿草咲き始め綺麗ですね。
キラキラ光って金属光沢がとても良く、
まるで灯が灯ったようです。
[ 2013/02/06 19:38 ] [ 編集 ]

和さん・・・

福寿草の輝きは・・太陽次第ですが・・
この花が咲くと・・春がきって気がします
黄金色の花びらの質感も好きです
[ 2013/02/07 13:27 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://horikaz2.blog.fc2.com/tb.php/485-3e183c9a