ヘリオトロープ






ヘリオトロープ

香水の原料になるこの花

香りはというと、バニラにも似ているし、水仙のような香りもするし

文字で和え合わすには難しいけれど、良い香りがする花には違いない

甘くて、でもどこかすがすがしい香り、香りというものは、お菓子にせよものにせよ

そのものの余韻として記憶に残りますから・・香りから記憶がよみがえることもある

つまりは、香りから人や物を思い出させる魔法のようなものかもしれない

人によってその香りが何につながるのか・・少し香りを知りたくなるでしょう

あなたならこの香りは・・乙女のころの甘く切ない初恋を思い出すのか

素敵な出会いがあって、永遠の恋に発展した香りなのかさまざまですね・・きっと




初期のころは純粋に混花の香りが、香水として出回っていましたが、今ではほとんど

合成されたものですから・・どうしても知りたい方は、フランスの片田舎グラースに

行けばまだこの花から香水を作っているそうです

ギリシャ語で「ヘリオトロープ」は「太陽に向く花」という意味でついた名前だそうです

そういえばこの花は、夏目漱石の「三四郎」にも出てきますからもうこの頃には

日本にも渡来していた花ですね・・ちなみに花ことばは「献身」「余韻」です





下の別ブログ名前をクリックすれば移動します


ぱふぱふの別館  入口 歳時記による季節の花ブログ「その日その時」


スポンサーサイト

コメント

オオ-!!w(゚o゚*)wこれは私の ような花ですな←エへン
美しくて 枯れんで 素敵な香り(´ー`*)ウンウン

外国の 花だったんですか (´c_` )ホー
1枚目の花は見た事があります。

香りがどんなかなと想像膨らみますね。
一旦嗅ぐと忘れないですから。
思い出と共に。
最後のものは造花のようですね。

チョット見。ムラサキハナナのような花ですね。
そんなに香りが素敵なんですか。
香水は日本女性に似合わないと日頃おもってるんですが、
日本女性にも似合いそうな香りでしょうか?

記憶が間違っていなければ、子供の頃に庭に植えていたと思いますよ。
長ったらしい名前・・と思ったけど、発音は滑らかなのでスッと覚えられました。
香りは花ではなく、香水でだったかも。
バニラ、だったかしら~(^_^;)

mikiさん・・・

>オオ-!!w(゚o゚*)wこれは私の ような花ですな←エへン
美しくて 枯れんで 素敵な香り(´ー`*)ウンウン

いつまでも若くて・・枯れないんですね・・
ごめんごめん・・上げ足とって・・
枯れんではなくて可憐な方ですね・・
私もしょっちゅう誤字がありますが・・今日の場合は
どちらともとれるうまい誤字ですね(笑)

玲さん・・・

今花屋さんに行くと鉢植えがきっとたくさんあおいてあるはず
そっと匂いだけ嗅いで来てください
想像と合うかどうか・・(笑)
春の似合う花が一杯花屋さんにはあるので
つい買ってしまいます

和さん・・・

そうですね・・雰囲気はムラサキハナナに似てますね
でも大きさ花弁の広がりが実物では違いますので
ムラサキハナナは思い出せませんでしたね
日本人の好みそうな和の香りです・・しとやかですよ
香水にすると強烈な濃縮の香りですが・・
花はさほど強くないから・いわゆる自然な香りです

MONAさん・・・

そうですか・・お庭に~
私は家を建てることで少し鉢植えを買ったんですが
その時に知りましたから・・ずいぶん遅いですね
しかも香水の原料になる花と聞いたのもその時花屋さんから・・
だから勝手から花の匂いを改めて嗅いで知ったくらい
花のかわいらしさが優先でした(爆)
非公開コメント