ペロペロネ


center>


ペロペロネ

なんとも人を食ったような名前

原産地はメキシコ・・いっけんするとエビの尻尾のようだ

このエビに見える部分は苞が重なり合っていて、エビのしっぽのように見える

やはり誰が見てもエビを想像するのか、別名「コエビソウ」といいます

淡い緑色の苞が赤褐色に変化してゆく様子は深まりゆく季節によくマッチしてて

情緒的な雰囲気を醸し出します



おしゃれでシックな色合いのペロペロネを見ているとおしゃれ心が刺激され

夜な夜な外出したくなるんだという女性方の話(どこへ行くの?)

温室には今改装中で花が少ないですが明るい雰囲気のこの花が最盛期です

ちなみにこのペロペロネ野花ことばは~~女性の美しさの極致・思いがけない出会い

可憐な人・ひょうきんな・おてんば・機知に富む・愛嬌などがあります





下の別ブログ名前をクリックすれば移動します


ぱふぱふの別館  入口 歳時記による季節の花ブログ「その日その時」


スポンサーサイト

コメント

美しい花ですね 初めて見ました
名前も一瞬で覚えました ←たぶん

葉っぱの赤もとても綺麗でそれが花びらかと
勘違いしてしまいますね(*^-^)ニコ

こちらの温室にもありますが
勝手にエビフライなんて名づけていました(笑)
ペロペロネというのですね。
ユニークな名前なので覚えられそうです(?)
強風に吹かれてきたせいか
温室の花を見たらホッとした気分になりました。

ペロペロネともいうんですね~
コエビソウで覚えてました。
名前のように
エビのような形で面白いですね。
苞が赤褐色に変化してゆくのも魅力だねv-221

チビさん・・・

美しいけど・・変わった形してるでしょう
私も最初であった時は・・
ナニコレ!って思いましたね

でも人の印象は皆同じで・・エビですよね(爆)

miyaさん・・・

>こちらの温室にもありますが
勝手にエビフライなんて名づけていました(笑)

だれが見ても最初の印象は・・エビフライですよね

>強風に吹かれてきたせいか
温室の花を見たらホッとした気分になりました。

昨日は風が強かったし寒かったですね
私も寒い中植物園に行きました

パンダさん・・・

>コエビソウで覚えてました。
名前のように
エビのような形で面白いですね。
苞が赤褐色に変化してゆくのも魅力だね

そうなんですね・・神様の遊び心が出てる
そんな気がする形や色ですよね
花屋さんでは・・やはり・・西洋名で
表示されていることが多いので・・つい~
その面白いネーミングにつられて・・
この花に限っては・・和名よりも受けがいいようです
非公開コメント