12月10日 冬のハナワラビ

12月10日 冬のハナワラビ






12月10日 冬のハナワラビ

フユノハナワラビは日本全国に分布するシダ植物

夏の終わり頃に小さな葉を広げ、冬に花のように見えるのは

胞子葉と呼ばれる胞子を包んだ袋をつけた穂をもち

まるで子持ちワカメのような姿、秋に葉を出し、枯れないまま冬を過ごし

春に枯れるので、あたかも花のようであることからというのが和名の由来だそうです

9~10月頃から冬までの期間、十分に光合成するために、草があまり生育していな

人里やため池の堤防等、時折刈り取られ人があまり踏みつけないような場所に咲きます

秋から春までを生育期間するフユノハナワラビはヒガンバナや在来種のタンポポなどと

よく似ており、いずれも人間活動に関係するような人里の植物です

フユノハナワラビは胞子葉と栄養葉が地表近くで分かれているが

ナツノハナワラビは栄養葉の生えぎわで分かれている







♡今日もブログを見ていただき、ありがとうございました♡

スポンサーサイト