12月8日 カシラダカ

12月8日 カシラダカ





12月8日 カシラダカ

ユーラシア大陸の北部に分布し、日本では、冬鳥として山林、農耕地

河原などに飛んで来ます 頭部の羽毛が立って見えるのが名前の由来

春が近づくと、オスは頭部が黒い夏羽になり、「チッ、チッ」と鳴きますが

ヒバリのような長いさえずりが聞かれることもあります

カシラダカが雑木林の周辺の枯れ草の間で、じっとしていると目に付きません

ホオジロとよく似ていて、遠目では勘違いするほどです

ホオジロは腹が薄いオレンジ色、カシラダカは白

尾羽はホオジロより短いのですが、遠目では勘違いするほど似て見えます

(11月22日撮影分)





♡今日もブログを見ていただき、ありがとうございました♡
スポンサーサイト