my Favorites photo

ARTICLE PAGE

ニシキギ

author photo

Byぱふぱふ(pafu)





ニシキギ

名前の通り、晩秋に木は錦となります・とはいっても、燃え立つ季節は短いですね

この木の真の特徴は、枝の翼にあります

四方にコルク質の薄い板状の翼が出て、幹にも断続的に残り

それを刃物に見立ててカミソリギ、矢羽根に見立ててハズノキの呼び方もあります

中国の「本草綱目」では、木が自ら刃物で守るとして「魔除け」にするそうです

秋は赤くかわいい実がたくさん実りますが、あっという間に小鳥のえさになり

たわわに赤く実った姿をタイミングが悪くて中々写せないでいます

やっとすこしだけ赤い実を写しました(ほんとに少しだけ・爆)



この季節は・・木の実も、赤色・黄色・そして黒色さまざまです

小鳥たちを色仕掛けで誘います・・その鳥たちが遠くに運んでくれます

これもみな、動けない木の巧みな技ですね

子孫を広範囲に残す限られた期間の特殊能力なのかもしれないですね




下の別ブログ名前をクリックすれば移動します


ぱふぱふの別館 ① 歳時記による季節の花ブログ「その日その時」 入口


スポンサーサイト
Share

Comments 6

萩と月  

かわいい姿に隠された、緻密な作戦なのですね(笑)
おいしい実はすぐになくなっちゃうのですね。
それにしてもホントお写真の枝のところに剃刀のように付いてますね。
枝の脱皮なのでしょか?


2012/10/19 (Fri) 16:32 | EDIT | REPLY |   

パンダ  

ヾ(o・_●・) ノこんばんはぁ♪

植えてもいないものが芽を出したりしますね~
マンリョウ・ナンテンも大きくなってます。
ニシキギ見たことないですよ~
面白い形だね。

2012/10/19 (Fri) 17:42 | EDIT | REPLY |   

MONA  

ニシキギの紅葉は美しくて、よく写真に撮るのですが、そう言えば実は撮ったことがありません。
見るからに美味しそうですものね。
鳥たちも知っていて、美味しい実から売り切れになってしまうのですね(笑)

2012/10/19 (Fri) 23:39 | EDIT | REPLY |   

ぱふぱふ  

萩と月さん・・・

植物は自分が動けない分、
子孫を残すことに腐心をします~
そして種を運んでもらう方法を選んだのですね
そしてその種を運んでくれる鳥の好きな味で
種を包み・・ほかの虫が寄り付きにくいように
茎に剃刀の刃のような形で防御してるのでしょう
生きる意味を心得ているから出来ることですね

2012/10/20 (Sat) 08:36 | EDIT | REPLY |   

ぱふぱふ  

パンダさん・・・

庭の植木がときどき植えた覚えのないものが芽を出します
鳥の置き土産で・・育って行きます
この錦木は・・公園などの行くと
植え込みに使われています~
割と周辺には多い木ですのでどこかで見つかりますよ

2012/10/20 (Sat) 08:38 | EDIT | REPLY |   

ぱふぱふ  

MONAさん・・・

そうなんですよ・・木が赤くなることは知ってても
実がついてるのってなかなか
見る機会が少ないのは確かです
それだけ小鳥たちはいつも気にして
おいしくなる時期を知ってるんですね
一日でなくなってしまいます(爆)

2012/10/20 (Sat) 08:40 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply