my Favorites photo

言葉に出来ない、言葉にしきれない、感動の瞬間を逃したらもう出会えない,そんな思いこみ写真

縷紅草(るこうそう) 

 |







一日一花 季語の花「縷紅草(るこうそう)」 8月9日

南アフリカ原産、観賞用植物で、花弁は星型の赤い花

「軽みとは哀しみのこと縷紅草」 瀧 春一

「縷紅草垣にはづれて吹かれ居り」 津田清子

「羚羊のごとき少女や縷紅草」 古賀まり子








一口メモ 花氷

花などを入れたまま作った氷、氷に閉じ込められた、いつまでも美しい花

いかにも涼しげですよね 暑い夏を乗り切るために、人々は、五感を駆使して

涼しさを演出、工夫してきました 花氷、水中花また音としては、風鈴や鹿威し

エアコンが発達して、いつでも快適な温度が保てるようになった現代

想像を働かせて、気持ちを涼しくする必要がなくなった?せいか

涼を呼ぶ・・夏の風物詩もだんだん見かけなくなってきましたね

体は暑くても、心は涼しかった昔・・今は体は涼しくても、心はどうなのでしょう








画像掲示板・入口

緑しっとり 爽やぐ朝です、紺天の8月

いつもご覧いただきありがとうございます・・これからもよろしく



スポンサーサイト
06:00 |  trackback: -- | comment: -- | edit