my Favorites photo

ARTICLE PAGE

木槿(むくげ)

author photo

Byぱふぱふ(pafu)

-




一日一花 季語の花「木槿(むくげ)」 8月4日

中国、インド原産 平安時代に渡来 花色は、紅色、白色、深い紫

白色で、中心部だけ赤い一重の花は、「底紅」と呼ばれ愛好家に人気

一日花ですから朝咲いて夜には萎んでしまいます

「底紅や黙ってあがる母の家」 千葉皓史

「底紅の咲く隣にもまなむすめ」 後藤夜半

「白木槿言葉短く別れけり」 石井露月











一口メモ 木下闇(きのしたやみ)

枝を伸ばし、葉をいっぱい茂らせた大木の下は、昼間でも暗闇です

しかし、恐ろしい闇ではありません 焼け付くような厳しい日射しも

ここまで届きません ひんやりと、居心地よく包んでくれる空間です

大自然の懐に抱かれているような、そんな落ち着きを感じます

ひとは、こんな闇に抱かれて、遠い遠い昔、母の胎内にいたころのような

記憶を呼ぶのでしょうか やがて静かに満ちてくる安らぎの中で、疲れた心も癒し

再び歩き出し英気を養います 木下闇も大きく生い茂る大木であってこそ

近頃不用意に邪魔だからといって、何十年と掛けて育った木を切り倒してしまいます

わたくしたちをやさしく包んでくれる優しい闇を、これからも守っていきたいと思う




画像掲示板・入口

緑しっとり 爽やぐ朝です、紺天の8月

いつもご覧いただきありがとうございます・・これからもよろしく


スポンサーサイト