my Favorites photo

ARTICLE PAGE

含羞草(おじぎそう)

author photo

Byぱふぱふ(pafu)

-





一日一花 季語の花「含羞草(おじぎそう)」 7月18日

ブラジル原産、日本には天保十二年(1841)に渡来 ねむの木に似た葉が特徴

接触や振動、明暗や火気などの刺激で葉が開閉します 花がまたとてもかわいい

「ねむり草眠らせてゐてやるせなし」 三橋鷹女

「含羞草いつも触れゆく看護婦あり」 石田波郷

「夕雲に月山遊ぶ含羞草」 角川源義






一口メモ 35度

最高気温が三十五度を超える日を猛暑日といいますが、今年はすでに月初めから

何度もあって・・例年よりも早い感じがします

2007年くらいから猛暑日という言葉がつかわれるように?

35度は日本体育協会の熱中症予防指針によると「運動は原則中止」という気温

スポーツはもちろん、屋外での作業は控え、こまめに水分を摂り

涼しい場所で休憩するなどの予防が必要です






画像掲示板・入口

夏木陰誘う7月、ほっと一息風が爽やかに吹き抜けます

いつもご覧いただきありがとうございます・・これからもよろしく


スポンサーサイト