my Favorites photo

ARTICLE PAGE

姫女苑(ひめじょおん)

author photo

Byぱふぱふ(pafu)

-




一日一花 季語の花「姫女苑(ひめじょおん)」 6月5日

「石棺や濡れたるものにひめぢよをん」 夏井いつき
(テレビでおなじみ夏井先生の句)

「ひめぢよをん美しければ雨降りぬ」 星野麥丘人

「野良猫の火を吹く構へ姫女苑」 小橋ユキ







一口メモ 風の色

昨日に続き今日は風の色について、風には青風、黄風、黒風、白風、朱風があります

青風は青草を吹く風、春の風の意味で「青風万里春」などといいます

黄風は砂嵐の風、黒風にも暴風のほかに砂嵐の意味があります

朱風は夏風、白風は漢字の用語にはなくて、日本では「あきかぜ」と読んだそうです

和歌や俳句では秋の風は「色なき風」と表現されています





梅雨晴れ仰ぐ6月です

いつもご覧いただきありがとうございます・・これからもよろしく




画像掲示板・入口



スポンサーサイト