my Favorites photo

ARTICLE PAGE

4月15日 八重桜(牡丹桜)

author photo

Byぱふぱふ(pafu)

-





4月15日 八重桜(牡丹桜)

「山に出て山に入る日や八重桜」 成瀬櫻桃子

「八重桜ちぎって落す風に逢う」 山口青邨

「八重桜逢ふ魔がと刻を歩みけり」柴田白葉女







一口メモ 浮かぶ雲 落ちる雨

天気とか気象とか読んでいる現象の多くは、地球の青い衣

つまり大気の中で、水が気体、液体、個体の三つの姿に変わることでおきます

気体の水は水蒸気、無色、無味、無臭で目に見えません大気の一部を形成し

風とともに自由に動いています これが上空で水や氷になって浮かんでいるのが雲

落ちてくるのが雨や雪です 水や氷は空気より重いのに、なぜ浮かんでいるのか?

実は、雲粒も落ちてきているのですが、一秒間に数ミリから数センチという

ゆっくりな速度なので浮かんで見えるわけです 雲粒は軽く小さいけれど

雨粒は重いために落ちてくる速度も速く見えてくるわけです



巣立ち鳥空に舞い上がる4月です

いつもご覧いただきありがとうございます・・
拍手コメントから、皆様のコメントを楽しみにしています よろしく


ブログにあげてない写真を画像掲示板にアップ
画像掲示板・入口



スポンサーサイト