3月26日 桜の句





3月26日 桜の句

「ひとひらが彗星となるさくらかな」 佐々木幸子

「革命を起こすとすれば桜どき」 龍野よし絵

「桜咲く天の岩戸開くとき」 今野龍二




一口メモ 桜の呼び名

季語の中には、さくらにまつわる美しい呼び名が

咲き始めから咲き満ちたときの雅な言葉がたくさんあります

前にも少し触れた「初桜」から始まり、「花の雲」「花の浪」「花狩」「挿頭花」「夢見草」

「花過ぎ」「花吹雪」「花筏」「手向草」などが有名です




「口説かれて帯の端かむ初ざくら」 雑俳

「花の雲」桜の花を雲に見立ててまた「花の浪」とも言われます

「花の雲鐘は上か浅草か」 芭蕉

「桜狩」は、春の山野に桜を訪ね鑑賞すること

「挿頭花」は奈良時代、桜の花を挿頭(かざし)や鬘(かずら)にしたりするのは

感染呪術といって、桜の生命力にあやかる信仰から来ています

「夢見草のむかしや今にかへりばな」 秀吟

「花過ぎて雨にも疎くなりにけり」 几董

「花筏一粒神の忘れもの」 高橋良子

「手向草」は風に舞う花吹雪を、道祖神の神前に撒き散らす幣と見立てれば

桜は聖なる木である・・ことから、松や苔なども同じように~





新芽燃ゆる3月も最終週です

いつもご覧いただきありがとうございます・・
拍手コメントから、皆様のコメントを楽しみにしています よろしく



画像掲示板



スポンサーサイト
[ 2017/03/26 ] | TB(-) | CM(-)