my Favorites photo

言葉に出来ない、言葉にしきれない、感動の瞬間を逃したらもう出会えない,そんな思いこみ写真

屁理屈か? 

その他 |





屁理屈か?

母親が子供にお手伝いを頼むとき、子供は決まって面白い抵抗をする
母が子に「お湯を沸かしてくれる~」 知恵がついた子供がさっそくくいついた
「水を沸かすからお湯になるんだから~お湯を沸かしてもお湯だよ」
「いいからさっさとやってちょうだい!」母親の怒りをかってしまった
湯を沸かすの~湯は、沸かし始めの状態ではなく、沸かした結果を表しますから
湯をさらに熱く沸かすのではないから、水を沸かすよりも、より湯を沸かすの方が普通だ
ほかにもいろいろありますね・・「てんぷらを揚げる」揚げたものがてんぷらなのだから
「転ばぬ先の杖」も転ばないようにするのが肝心、「転ぶ先」か「転ばぬうち」のはず
「太陽が昇る」「日が沈む」も考えてみればおかしい。英語圏でも同じようなものがある
これは、その昔の天動説のころの言い回しなんだそうです、それを今も使っている
さすがのコペルニクス的転回も、言語までは及ばなかったのだろう
幾ら物理学者でも「地球が回転して太陽が見えるようになった」などと
面倒くさい言い回しはやってられないですよね





下の別ブログ名前をクリックすれば移動します


ぱふぱふの別館 ① 歳時記による季節の花ブログ「その日その時」 入口



スポンサーサイト
08:47 |  trackback: 0 | comment: 8 | edit

コメント

ぶはは!
言葉って、意思が伝わりゃいいんだけど、
選りすぐることによって、頭が遊ぶのかもしれませぬね。

それにしても、ちっこいお子のうなじがかわゆい!

ikuko #WQ1kd826 | URL | 2012/09/15 09:23 * edit *

なるほど~言われてみれば!言葉っていろんな意味で面白いね^m^

屁理屈、、、小さい頃、自分も言ってたのかなぁ~(苦笑)
でも多分、、、田んぼの藁の上で空見て昼寝したりとか、ボーッとしてたらからそこまで頭回らなかったかも^m^

何となく昔の子より、今に子の方が屁理屈とか言いそうな気がするなぁ(笑)

cha^^cha #/pdu0RA. | URL | 2012/09/15 10:17 * edit *

自分の子供の頃は、大人の手伝いをしたいと台所などで大人の真似をしたくて洗おうとしてると、
おこっぺ(方言?)と云われその頃はさせてもらえませんでした、(壊したり危ないとか)
大人がお手伝いしてほしいと云われる頃になると今度は自分が他のことや遊びたくて
お手伝いはしたくない、ややこしい子供の時。
大昔を思い出しました。

玲 #- | URL | 2012/09/15 10:27 * edit *

いるいる~ 
そんな子、大人も・・・ 
着眼点が違うって素晴らしい!
って褒めてあげよう。
もっともっと、ヘンだと思う事教えて!
それを集めて、落語が出来そう~

MONA #- | URL | 2012/09/15 22:57 * edit *

ikukoさん・・・

>言葉って、意思が伝わりゃいいんだけど、
選りすぐることによって、頭が遊ぶのかもしれませぬね

まったくですね~言葉の中でさえ遊び心があって
ゆとりがあるってことですが・・大人になると
それがいつの間にかなくなって
目を三角にすることばかりなんだね

頭が遊ぶって・・素敵な言葉だね

ぱふぱふ #- | URL | 2012/09/16 08:48 * edit *

cha^^cha さん・・・

>何となく昔の子より、今に子の方が屁理屈とか言いそうな気がするなぁ(笑)

環境にもよるのでしょうが・・最近の子は
本当に口が達者ですよね・・大人顔負け(爆)

ぱふぱふ #- | URL | 2012/09/16 08:50 * edit *

玲さん・・・

親の都合優先だと・・意思の疎通がずれますね(笑)
最近は親が率先して家事をさせている
大人になって男性は家事の手伝いを
しなくてもよいなんてことないしね
出来るほうが何かと都合よいし・・
家庭を顧みるというか生活する上で
高齢者が周辺に増えてきているから
家事もできることが必要なことですからね

ぱふぱふ #- | URL | 2012/09/16 08:54 * edit *

MONAさん・・・

子供は知らないことに対する追及心が強いから
不思議と思うことは単純なことでも深いことでも
かわりがないんですね・・・
大人になるとめんどくさいことはパスして
自分から積極的に首を突っ込まない・・
ほかに目を向けるものが多いからね~~(笑)

ぱふぱふ #- | URL | 2012/09/16 08:57 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://horikaz2.blog.fc2.com/tb.php/197-1ef2d6cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)