my Favorites photo

ARTICLE PAGE

12月20日 果ての二十日

author photo

Byぱふぱふ(pafu)

-



12月20日 果ての二十日

十二月も下旬に差し掛かって、すっかりあわただしい時期ですが

この日は、果ての二十日といって、正月準備をしないでおく日とされていました

昔は働いたり、外出したり、まして山に入ったりすることを慎んで

静かに家で過ごす物忌みの日でした 関西地方では、この日は罪人お処刑したことから

忌み日となったとも言われています また、一つ目一本足の妖怪、一本だたらが

奈良と和歌山の境の山中に出て、この日だけ人の命をとる、という

妖怪伝説が言い伝えられています




フユサンゴ

ブラジル原産のナス科の小低木 明治時代に渡来

夏から秋に、小さな白い五弁の花の後に丸い実を結び、冬になると実が橙色に熟します

天を仰いで実る姿も美しく、観賞用としても好まれています

俳句の季語にもなっています・・

「なかぞらに風は笛吹き冬珊瑚」 飴山 實









風やんで、冴えわたる青空の12月です
いつもご覧いただきありがとうございます・・
拍手コメントもよろしく

画像掲示板



スポンサーサイト