my Favorites photo

言葉に出来ない、言葉にしきれない、感動の瞬間を逃したらもう出会えない,そんな思いこみ写真

12月10日 椿の句  

 |





12月10日 椿の句

「赤い椿白い椿と落ちにけり」 河東碧梧桐
まず赤い椿が落ちて、次いで白い椿が落ちました、というそれだけの句です
華やかな椿の花ですが、花弁が一枚ずつ散るのではなく、一輪まるごと
ぽとりと落ちるさまは落椿(おちつばき)と呼ばれます
この句は、地面に赤白の椿が落ちた後を詠んだとも、赤、白、順番に落ちる瞬間を
詠んだとも言われています なぜこの句が名句なのか それは淡々と光景を詠むことが
落椿を目の当たりにして、ぽっかりと欠落を感じる心情と重なるからではないでしょうか









風やんで、冴えわたる青空の12月です
いつもご覧いただきありがとうございます・・
拍手コメントもよろしく



画像掲示板



スポンサーサイト
07:00 |  trackback: -- | comment: -- | edit