my Favorites photo

言葉に出来ない、言葉にしきれない、感動の瞬間を逃したらもう出会えない,そんな思いこみ写真

12月9日 熊掌(のうしょう) 

その他 |





12月9日 熊掌(のうしょう)

「分類アイヌ語辞典」の人体編を見ると、アイヌ語の短い単語に対して

長々とした日本語の説明がついています・・何とかは「足の裏の筋肉の隆起」

かんとかは「甲状骨上縁の舌骨間のくぼみ」とかというふうに~

アイヌ語はなんと体の部分名を詳しく言い分ける言語のようです

てのひら横の、昔力道山が空手チョップをやった部分まで、ちゃんと

pisoyという名前がついていておどろきます

アイヌ人は昔からクマの肉を好んで食べたので、どこの肉がおいしいかが

重要な関心ごとであったために、体の各部分の名前を付けたようです

クマは、十二月になると冬眠に入りますが、その前にpisoyでアリをすりつぶし

その汁をしみこませておく習慣があり、ここの筋肉が特別に発達していて

美味だそうです 漢語で「熊掌」というのは熊のてのひらで、むこうの熊は

てのひらでミツバチをつぶしていたそうです・・そこで人間の体にも

細かな部分名が付いたようです




中国では今も熊野掌が食用として売られていますが写真もありますが

すこしグロテスクなので・・載せるのはやめてかわいい写真にします(汗)

最後の写真はかわいい熊の手のような果肉植物







風やんで、冴えわたる青空の12月です
いつもご覧いただきありがとうございます・・
拍手コメントもよろしく

画像掲示板



スポンサーサイト
07:00 |  trackback: -- | comment: -- | edit