my Favorites photo

言葉に出来ない、言葉にしきれない、感動の瞬間を逃したらもう出会えない,そんな思いこみ写真

11月19日 さよなら一茶  

その他 |





11月19日 さよなら一茶

文政十年(1827年)のこの日、小林一茶は六十五歳でこの世に別れを告げました

軽やかでおかしみに満ちた句は、世の理に縛られることのない

俳人の自由な心の表れにも映ります 長野方面に行けば記念館にいつも立ち寄ります

一茶忌は旧暦でこの日、新暦では一月五日になります

晩冬のころ、晩年の過ごした信州は雪が降っていたことでしょう~~

「うまさうな雪ふうはりふうはりと」 一茶



れんこん








青空に凛と菊一輪 11月です
いつもご覧いただきありがとうございます・・
拍手コメントもよろしく

画像掲示板



スポンサーサイト
07:00 |  trackback: -- | comment: -- | edit