my Favorites photo

言葉に出来ない、言葉にしきれない、感動の瞬間を逃したらもう出会えない,そんな思いこみ写真

11月11日 初しぐれ  

 |




11月11日 初しぐれ

庭いっぱいに散った落ち葉濡らして、時雨が秋の名残りを惜しむように降るころ

「初しぐれ猿も小蓑を欲しげなり」芭蕉に有名な俳句ですが、この句の中に

非常に珍しい助詞の使い方をしている箇所があります・・おわかりですか?

「小蓑が欲しげなり」といわずに「小蓑を欲しげなり」と詠んだところです

当時の芭蕉にしては現代的な読み方だったのではないかと思います

最近の言葉はかなり眉を顰めるような使い方ですが、従来目的語を言う場合は

例えば「洋服がほしい」というように「が」の助詞を使っていたところ

この頃では「を」をあてはめるようになりました これは西洋文学の翻訳調の

影響によって、日本語が外国語化されたからだそうです

江戸の昔、芭蕉もこういう言い方をした事にとても興味がわきました

最近では少しも違和感がない言葉も、時代とともに変化する面白い例です




さざんか






青空に凛と菊一輪 11月です
いつもご覧いただきありがとうございます・・
拍手コメントもよろしく

画像掲示板



スポンサーサイト
07:00 |  trackback: -- | comment: -- | edit