9月23日 雷乃声を収む





9月23日 雷乃声を収む

秋分の初候は、雷乃声を収む 夕立と連れ立ってピカッゴロゴロと来ていた

雷が鳴らなくなるころ、という意味の季節です 九月二十二日から二十七日ぐらい

夏の入道雲から秋の鰯雲へ、気づけば空模様も変わっています

鰯雲が出ると、鰯がよく獲れるといいますが、最近は日本以外の国からも漁にきて

水揚げ量が厳しくなっているようで、やがて高級魚の仲間入りもしかねないかも

鰯雲は、空の外れに見かけることも、空全体を覆って一面広がっていることも

特に夕焼けに染まる鰯雲の空は見とれてしまいます








花野色編む九月です

いつもご覧いただきありがとうございます・・
画像掲示板 今日の写真は「」・・

閲覧、投稿はここをクリック→画像掲示板

拍手コメントもよろしく


スポンサーサイト
[ 2016/09/23 ] その他 | TB(-) | CM(-)