なみだ






今日も診察がありネットの時間的余裕がないので短めですいません
そこで何にするかと考えて~「人生の言葉」と言ういかめしいタイトルの中のものを
ユダヤの格言の中に気にいってる言葉がいくつかありますが、そのひとつ

「石鹸はからだのため、涙は心のため」「泣けない人間は、楽しむことができない」

涙というものは、悲しい時ばかり流すものでもない
喜怒哀楽、感動の頂点、ひそかに両の瞳をぬらす涙だってありますね
「神はちょうど乾いた魂に雨を降らすように、人間に涙を与え給うた」
と考えることもできる・・心の余裕が必要ですね
時々涙を流して、新鮮な涙を蓄えておくことも必要かも
いざという時に美しい涙を流すために





下の別ブログ名前をクリックすれば移動します


ぱふぱふの別館 ① 歳時記による季節の花ブログ「その日その時」 入口



スポンサーサイト
[ 2012/09/06 ] その他 | TB(0) | CM(4)

一枚目の写真、まるで絵画のようですね。
なんだかわたしまで涙がこぼれそうになりました・・

いつか美しい涙をながしたいものです!
[ 2012/09/06 23:08 ] [ 編集 ]

マスカラで黒い涙にならなくて良かった~!
[ 2012/09/07 00:17 ] [ 編集 ]

aquaさん・・・

ありがとう~モノクロの方が
少しインパクトあるでしょう
意味もなく女性を泣かせてしまっては
申し訳ないですね(笑)
できるだけ嬉しいときに泣いてくださいね
[ 2012/09/07 08:47 ] [ 編集 ]

MONAさん・・・

あぁあそうですね・・・
女性は色々化粧してるから・・
涙流すとマスカラが溶けだしますね

写真は一瞬ですから大丈夫でしたね(笑)
[ 2012/09/07 08:49 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://horikaz2.blog.fc2.com/tb.php/172-ec4971d5