my Favorites photo

言葉に出来ない、言葉にしきれない、感動の瞬間を逃したらもう出会えない,そんな思いこみ写真

7月29日 ひまわり  

 |




7月29日 ひまわり

むしむしして耐えがたいほど暑い日が続きますが今がピークです

こんな時に畑には向日葵が暑さに負けじと油ぎった熱気を打ち返しています

暑さから逃げ出すように、浴衣に着替えさっぱりとした着心地は夏の涼

素足に下駄で出かけるのも気持ちがいいものですね

浴衣を湯上りに切るようになったのは、江戸時代に入ってから

普段着として広まってゆきました、また夏の夜には、蚊を通さず風を通す

蚊帳をつって眠ったものです・・殺虫剤や網戸、エヤコンが普及して、やがて

蚊帳も使われなくなってしないましたが、エコで使い勝手が良いことで

また少しずつ見直されてきています

7-29himawari1-1 - コピー


ひまわり

別名を少し羅列しておきます

迎陽花・・日本で初めて向日葵を紹介した江戸時代の書物「訓蒙図彙(くんもうずい)」に

「天蓋花(てんがいばな)」とともに名があります

黄金日車・・向日葵の雅語

「髪に挿せばかくやくと射る夏の日や王者の花のこがねひぐるま」与謝野晶子

北原白秋の「邪宗門」にも黄金向日葵という題名の詩があります

「あはれ あはれ 黄金向日葵 汝また太陽にも倦きしか

南国の空の真昼を かなしげに疲れて見ゆる」

サン・フラワー・・英名の向日葵

日車・・江戸時代の向日葵の異名

「日車じゃ/旦那にほれた下女が顔」という雑俳がありますが

「花よからず、最下品也」(俳諧歳時記栞草)など言ってたそうです

7-29himawari1 - コピー




ほっと一息風爽やかなに吹き抜け
七月も終わりが近い
いつもご覧いただきありがとうございます・・


画像掲示板 今日の写真は「」・・

閲覧、投稿はここをクリック→画像掲示板



スポンサーサイト
07:00 |  trackback: -- | comment: -- | edit