my Favorites photo

言葉に出来ない、言葉にしきれない、感動の瞬間を逃したらもう出会えない,そんな思いこみ写真

7月23日 天ぷらの日  

その他 |






7月23日 天ぷらの日

一年で最も暑い大暑を迎え、夏バテ対策にはやはり天ぷら!!との推しの声で

この日が天ぷらの日になりました、夏にはそのほか、土用のウナギ、焼き肉の日もあり

夏バテ対策デーそろい踏みってとこですね・・

大暑の天ぷらといえば、屋形船で夕涼みしつつ、揚げたての天ぷらに舌鼓打ちながら

花火などを眺めたら最高でしょうね

しかし現実はなかなかそうもいきませんから、夏バテ予防の観点から意外といいのが甘酒

甘酒には2種類あります・・(1)酒の粕に砂糖を加えたもの

(2)麹を糖化(とうか→デンプン質を糖分に変化すること)させて作ったものです

若干、前者の酒粕の甘酒はアルコール臭さやクセがありますが甘味も砂糖の甘味です

後者の麹の甘酒は砂糖を全く使っていないので、麹の甘味たっぷりです

醗酵食品だけあって麹の力を十二分に発揮できますまた全てノンアルコールです



*ブドウ糖を含む(麹甘酒の2割はブドウ糖)のですぐエネルギーとして使用できます

しかも、多糖類に分類されるため、太りにくくエネルギーになりやすいですね

体力消耗した方や病後の方高齢な方の栄養補給の時の点滴はブドウ糖をいれます

そのため甘酒は飲む点滴といわれるゆえんです



*ビタミンB群が豊富で糖質、脂質、蛋白質の代謝に必要なのがビタミンB群

ビタミンB1,B2、B6,B12、パントテン酸、イノシトール、ビオチンなどを

麹は作り、そのまま、甘酒の成分となり、市販のビタミンB補強サプリよりも手軽



*アミノ酸が豊富で人間の身体は約20種類のアミノ酸の構成です

そのうち9種類は食事からとるべき『必須アミノ酸』ですが

甘酒は9種類の必須アミノ酸を網羅して、他のアミノ酸も摂取できるのです



昔の方が夏に甘酒を飲んだのも納得ですね・・

古くは俳句の夏の季語にもなっていましたが

最近の季語辞典などは冬の季語としても使用してます







せみ時雨が聞こえて・・七月後半です
いつもご覧いただきありがとうございます・・

画像掲示板 今日の写真は「」・・

閲覧、投稿はここをクリック→画像掲示板



スポンサーサイト
07:00 |  trackback: -- | comment: -- | edit