my Favorites photo

言葉に出来ない、言葉にしきれない、感動の瞬間を逃したらもう出会えない,そんな思いこみ写真

7月7日 梶の葉と七夕  

 |





7月7日 梶の葉と七夕

短冊に願いをかける七夕のならわしは、かつては梶の葉の裏に

墨で歌をしたためたそうです、葉の裏には産毛が生えていて、墨をはじかず

筆で書くことができたからだそうです

平安の昔、宮中の男女の恋は、たがいに歌を贈り合うやり取りから始まりました

書が上手なことも、歌の感性が優れていることも、恋が成就し

ひいては良縁に恵まれるために必要な才でした・・そして、それを磨くこは

今でいう婚活ですね(笑)七夕の行事には、書や歌の上達を求め

星に願う真剣さがこもっていました

梶の葉は、「天の川へ渡る船の楫(かじ)となって願いが叶えられる」と信じられ

平安貴族たちは梶の葉に願いごとをかいて川に流していたそうです

江戸時代になると、この風習は庶民の間にも広がり「かじ~かじ~」とさけぶ

梶の葉売りもいたといいますから、風流な行事が街中で行われていたのですね

今は、梶の葉売りなどはありませんが、気をつけて探してみると

意外に簡単に梶の木の葉を見つけることができます

身近にあるけれど気づかないものって、意外と多いのかもしれませんね






七月・満緑目にしむ季節です
いつもご覧いただきありがとうございます・・

画像掲示板 今日の写真は「」・・

閲覧、投稿はここをクリック→画像掲示板




スポンサーサイト
07:00 |  trackback: -- | comment: -- | edit