my Favorites photo

ARTICLE PAGE

落陽

author photo

Byぱふぱふ(pafu)





落陽

夕暮れ時の描写にもいろいろな言葉があるね
沈む太陽は・・夕日(ゆうひ、せきじつ)、入り日、落日、斜陽そして落陽
「日」は太陽そのものの象形文字ですが、「陽」は、高地を表すこざとへん
太陽を照らすという意味を持つ部首とで、
丘の日光の当たる側を表しているのだそうです
一日の終わりを迎えて、沈んでゆく太陽を見送る風景が目に浮かびますね



夕方の太陽の赤い光は「赤光(しゃっこう)」
夕陽の照らされた雲は「茜雲」
照りかえる美しい風景は「夕映え」「夕照(せきしょう)」
その空の色は「夕色」
沈んだ後に残る光は「残照」「夕明かり」
ほっとした安らぎとともに、胸をよぎるせつない気持ち
毎日繰り返していることなのに、ふしぎな感情です
日は昇り、また沈む~すべての営みの原点をそこに見ることができます
秋ともなると少し心にも涼しい風が吹き込んでくるのかな?


スポンサーサイト
Share

Comments 4

miya  

きれいな夕日ですね(#^.^#)
だんだん日が短くなってきましたね。
今まで明るかった帰り道がうす暗くなってくると
よけいに急ぎ足になります。

2012/08/30 (Thu) 15:33 | EDIT | REPLY |   

ぱふぱふ  

miyaさん・・・

ありがとうございます
なんだか急にって感じで
日の暮れるのが早くなってきましたよね
陽が落ちてくると急に里心がつくというか
家に帰りたくなるのでしょうかね
みんなそわそわします(爆)

2012/08/31 (Fri) 09:11 | EDIT | REPLY |   

yume  

残照

色々な呼び方がありますね

日が落ちて雲が茜色になる状態を
私は残照と呼んでます^^

自分の好きな呼び方でいいんですよね(笑)

秋は茜色が広がる季節ですね
これからの空が楽しみです♪


太陽をこんなに丸く撮るのも難しい
さすがに腕前が見事です


2012/09/02 (Sun) 22:53 | EDIT | REPLY |   

ぱふぱふ  

yumeさん・・・

日本語は四季の微妙な違いを言葉にできる
唯一の国です・・失われてゆく言葉が多いですが
使い続ける言葉で・・その美しさが生かされますね

しばらくすると空も安定して・・あきらしくなりますね
寒くなる前の短いけれど素晴らしい季節を
堪能しましょうね

写真はその時出会った人へのご褒美
チャンスさえあればだれでも写せますよ~
yumeさんも素敵な写真写されてますから
出会えたら・・その時ぜひ写してください

2012/09/03 (Mon) 07:53 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply