my Favorites photo

言葉に出来ない、言葉にしきれない、感動の瞬間を逃したらもう出会えない,そんな思いこみ写真

5月20日 小満からからむし織り 

その他 |





5月20日 小満からからむし織り

二十四節気で立夏の次が小満、小満の小は少しずつ、満は生命の気が満ちるの意味

からむし「苧麻(ちょま)」という麻の繊維からきめ細やかな上布を織りあげる

からむし織りでは、小満が一年の仕事始めで焼き畑で

からむしを育てるためにこの時期は畑に火を放ちます

立夏を過ぎて、生命に気がだんだん満ち溢れてくるのが小満という季節なのだとしたら

草木に限らず、私たちのとっても、心ひそかに温めている何か

夢や野心を芽吹かせるのにいい季節なのかもしれません



からむし織
からむしは、イラクサ科の多年草で、苧麻(ちょま)とも言われ
繊維を青苧(あおそ)と呼んでいます
からむしを原料とする上布の生産地では、越後(越後上布・小千谷縮布)や
宮古(宮古上布)、石垣(八重山上布)などがあり、福島県大沼郡昭和村は本州における唯一
上布原料の産地となっています(ネットから資料写真をお借りしました)




五月・・新緑映えて 風にまばゆい季節
いつもご覧いただきありがとうございます・・

画像掲示板 今日の写真は「」・・

閲覧、投稿はここをクリック→画像掲示板



スポンサーサイト
07:00 |  trackback: -- | comment: -- | edit