my Favorites photo

ARTICLE PAGE

5月13日 竹酔日(ちくすいじつ)

author photo

Byぱふぱふ(pafu)

-



5月13日 竹酔日(ちくすいじつ)

この日に竹を植えると枯れない、という習わしが古代中国にありました
なんでも、竹が酔っ払っていて植え替えても気づかれないからだとか(笑えるね)
理由はともかく、本来の旧暦の日にちで考えると、ちょうど梅雨の時期に当たり
竹がしっかり根を張るため、あながちおかしなタイミングではないかも
よくご存じの竹取物語で、かぐや姫が月に帰って行ったのが
実はこの日だったという説もあるのです
一般的には、中秋の名月の夜に帰ったとされています



竹のヒゲ

竹の子の背が伸びて、包んでいた皮がはがれる頃、若竹は勢いよく背が延びます
この時に竹の節には、かぶっていた皮の繊維(成長しても繊維はそのまま大きくなります)の筋が
皮のはがれた後にヒゲのように残り、次第にそれも時間とともに
無くなってゆきますが、皮がはがれた直後の姿が写真のようになります










五月・・新緑映えて 風にまばゆい季節
いつもご覧いただきありがとうございます・・

画像掲示板  今日の写真は「」・・

閲覧、投稿はここをクリック→画像掲示板



スポンサーサイト