my Favorites photo

ARTICLE PAGE

4月6日 寒の戻り

author photo

Byぱふぱふ(pafu)

-



4月6日 寒の戻り

この日は、寒の戻りの特異日とされています
特異日というのは、統計的に見て、ある気象状態になりやすい日のことです
暖かい日が続くと思ったら、いきなりやって来る冷え込みの日は、寒の戻り
大陸からの寒波や、気温や気圧による冷え込みなどからもたらされます
薄手のコートやカーディガンがあるだけでもずいぶん違うものですし
特に夜まで出かけるときは、脱ぎ着しやすいものを一着羽織ってゆくといいね
今年は、寒の戻りらしいものは3月にあって以来、もうなさそうですね(笑)
桜が早くも花びら散らせています



霞(かすみ)
桜の満開の景を指して「かすみか雲か」と形容することが多いのですが
筝曲「さくらさくら」もそうだし、明治時代には「霞か雲か」という唱歌もありました
「かすみ」は春の象徴として、古くから詩歌によまれました
純粋な気象学の分野では、「かすみ」という術語はないそうです
「霧」「霧雲」か「もや」だそうです、水蒸気が一面に立ち込めてきて
風物がぼんやりとかすんで見える様子を、文学では春の場合に限って
「かすみ」と言い習わしたということになります
実質は同じでも、「霧」は文学では秋のものです、仙人はかすみを食って生きている
といいますが、五色の雲たなびく仙山は、一年中春の陽気であることを
考えに入れたもののようです、さらに「かすみ」は昼間の情景にだけ用いるのが習慣で
これが夜の現象になると「おぼろ」とかわります
日本語のむつかしさであり、深い情緒であり、繊細さでもあるね




あざやかに花暦移る 四月です・・
いつもご覧いただきありがとうございます・・

下の画像掲示板は、ブログを見ていただいた方の参加型の掲示板です
写真のジャンルも当分なし、添付もデジカメ、スマホもOK(時々内容が勝手に変わります)
お好きな写真をみなさま気軽に参加し、貼っていただけると嬉しいです
どの写真にも、あれこれコメントもいただければ、さらにうれしく思います


閲覧、投稿はここをクリック→画像掲示板 



スポンサーサイト
Share