my Favorites photo

言葉に出来ない、言葉にしきれない、感動の瞬間を逃したらもう出会えない,そんな思いこみ写真

3月27日 カタクリの花 

 |





3月27日 カタクリの花

先週、時間を作って墓参り兼ねて愛知県豊田市にある香嵐渓に
カタクリの花を見に行ってきました
昨年よりも4~5日早く咲きだし、気温の上がり下がりが激しい今年は
どうなるかと気をもんでいましたが、草木は惑わされることなく
時期が来れば、花を咲かせて人々の目を楽しませてくれます
自然の中であくせくするのは人間だけかもしれないですね
自然に、花や木に感謝の一日でした


カタクリは、ユリ科の植物です
木々の芽吹き始めたころ、まだ明るい林の中で、可憐な姿を見せる多年草です
名は球根の形が栗の実を半分にしたようなものだからそうです
昔は名のとおり片栗粉の原料だったのが、今は馬鈴薯の澱粉で代用されています
カタクリが咲くと、蝶や蜂が蜜を吸いにやってきます
彼らによって受粉され、さらに種子は蟻が運び、散布し虫たちとの共生が
とてもうまくいってる植物の一つで、人にも虫にも有用なカタクリには
興味深いな異名があります


*「猪の舌」花がイノシシの舌に似ていることから
*「堅香子(かたかご)」カタクリの古語、マタ「カタカシ」とも読み
山形あたりではいまでも、「かたかご」「かただんご」などといいます
「もののふの八十姫子らが汲みまがふ寺井の上の堅香子の花」 大友家持
*「片子(かたこ)」カタクリの愛らしい呼び名「かたんこ」ともいいます
「あづさゆみ春の山べに子供らと摘みしかたこ喰べばいかがあらむ」 良寛
*「初百合(はつゆり)」カタクリの花は小さな紅紫の百合のようなので
旧暦の正月ころ咲くのでこの名が、「ぶんだいゆり」ともいいます
*「エㇱケリㇺリㇺ」アイヌの人々はカタクリをこう呼びます
球根から澱粉を採ることを古くから知っていたようで、お粥に入れて食べた
また、葉もゆでて食べ、澱粉を採った後のカスは団子のように丸めて
炉端で干したそうです














3月も、もう終わりが近づきました
画像掲示板も春らしい、お好きな写真を貼っていただけると嬉しいです
咲く花の種類も増えてきましたね・・そろそろブログも花に切り替えようと思いましたが
今年はこのスタイルで行くことに決めました・・そのため季節に咲く花は
この画像掲示板に写したものを不定期で貼ることにしました
数種類だったり、単品だったりしますがご覧ください


投稿はここをクリック→課題・画像掲示板
 




スポンサーサイト
07:00 |  trackback: -- | comment: -- | edit