my Favorites photo

ARTICLE PAGE

3月19日 菜虫蝶と化す

author photo

Byぱふぱふ(pafu)

-



3月19日 菜虫蝶と化す(なむしちょうとかす)

七十二候で啓蟄の末候は、菜虫蝶と化す
冬を過ごした虫が、さなぎから蝶になるころ、という季節です
およそ3月15日ころから19日ころを言います
春めいて暖かくなっては、寒さが戻ってくるような、ちょっと不安定な天気が続きます
町でよく見かけるのは、モンシロチョウ、シジミチョウ、アゲハチョウなど
モンシロチョウの目には紫外線が見えると考えられており
雌の羽は白く、雄の羽は黒く見えて、雌雄を識別できるようです
俳句の世界では、初めて出会う蝶のことを「初蝶(はつちょう)」といいます

「初蝶は影をだいじにして舞へり」 高木晴子
「初蝶を追ふまなざしに加はりぬ」 稲畑汀子






風光り、土のにおいに心弾ませ、3月ですね
画像掲示板も春らしい、お好きな写真を貼っていただけると嬉しいです


投稿はここをクリック→課題・画像掲示板
 


スポンサーサイト
Share