my Favorites photo

ARTICLE PAGE

3月12日 一寸息抜き

author photo

Byぱふぱふ(pafu)

-



3月12日 一寸息抜き

今日と明日は、一寸息抜き?
定期診断のMRI,CT,内視鏡検査など10項目ほど、予約日が続いていますので
PCに向かう時間があまりなくて、ブログの手抜きをさせていただきます
いつも眠る前にベットで読んでいる本がたまってしまいました
1月、2月に読んだ本の中から面白いのを選んで2回に分けて紹介をします・・



*「陰陽課です」峰守ひろかず著
念願の公務員に採用され、京都市役所で働くことになった火乃宮祈理(ひのみやいのり)。入庁式を終えて彼女が配属されたのは、通称・陰陽課。京都の町には人間に紛れて暮らす妖怪がたくさんいて、そこは市民である彼らの生活を守る部署だというのだ。
混乱する祈理の教育係についたのは、白銀の髪に赤いシャツでガラの悪い、公認陰陽師の五行主任。妖怪の次は陰陽師……?と、訝しむ祈理は、陰陽師らしからぬ風貌の五行(ごぎょう)と、町を治める鬼や狐の親分との顔合わせに向かうことになるのだが……。
チンピラ陰陽師×マジメ女子の凸凹コンビによる、不思議な公務員生活が始まります。

*「妖怪アパートの優雅な日常」①~⑩ 香月日輪著
「共同浴場は地下洞窟にこんこんと湧く温泉、とてつもなくうまいご飯を作ってくれる「手首だけの」賄いさん~13歳で両親を失った俺が高校進学と同時に入居したのは人呼んで“妖怪アパート”! 次々と目の当たりにする非日常を前に、俺の今までの常識と知識は砕け散る。大人気シリーズ、待望の文庫化!」

*「京都骨董ふしぎ夜話」獅子ししゃも著
「京都祇園の路地裏にたたずむ「桃枝骨董店」。三代目店主未之助と弟子兼使用人の天草がいるこの店には、骨董品はもちろん、時には不用品や盗品といったものまで――、毎日不思議な“ご縁”が品物とともに舞い込んでくる。
京都に春が訪れたある日。大学進学のため、全寮制の高校を卒業した孫娘・光が7年ぶりに帰ってくる。と同時に、馴染みの刑事からある品物の問い合わせが入る。聞けば、事件がらみのいわく品で……。 百鬼夜行の気配ただよう町並に、人と物と人情が紡ぎだす、ちょっぴり不思議であったかいライトミステリ」

*「お坊さんとお茶を(弧月寺初めての客)」 真堂 樹著
「クールな美形僧侶・空円と水商売系僧侶・覚悟の営む孤月寺に転がり込んだ三久。見習いをしながら「寺カフェ」を流行らせたいと目論むが、空円はまるで興味がない様子。そんな時、墓地に挙動不審な男性が現れる。豆腐屋の主人だという男性は亡くなった妻の墓参りに来たというが、妻の墓は孤月寺にはないらしく…。かみ合わない坊主トリオが贈るのんびり下町人情譚!
*「お坊さんとお茶を(弧月寺茶寮ふたりの世界)」真堂 樹著
「クールな美形僧侶・空円と水商売系僧侶・覚悟の営む孤月寺に転がり込んだ三久。見習いをしながら「寺カフェ」を流行らせたいと目論むが、空円はまるで興味がない様子。そんな時、墓地に挙動不審な男性が現れる。豆腐屋の主人だという男性は亡くなった妻の墓参りに来たというが、妻の墓は孤月寺にはないらしく……。かみ合わない坊主トリオが贈るのんびり下町人情譚!」

*「桜守兄弟 封印ノート」赤城 毅著
「新学期を迎えた星洋院大学は美形の双子の話題で沸いていた。黒い瞳に細いおとがい華奢な身体つきと、モデルなみのルックスなのだ。しかし彼ら桜守兄弟には誰にもいえない秘密があった。見えてはならないものが「視えて」しまうのである……。あやかし筋の血をひく二人が変人教授と幼なじみとともに不思議な事件を推理と霊能力で解決する、オカルトミステリー!」

風光り、土のにおいに心弾ませ、3月ですね
画像掲示板も春らしい、お好きな写真を貼っていただけると嬉しいです


投稿はここをクリック→課題・画像掲示板
 


スポンサーサイト
Share