my Favorites photo

言葉に出来ない、言葉にしきれない、感動の瞬間を逃したらもう出会えない,そんな思いこみ写真





3月5日 啓蟄戸を啓く(すごもりのむしとをひらく)

二十四節気で雨水の次は、啓蟄(けいちつ)です
冬の間、地にこもっていた虫が、暖かくなり動き出すころのことです
そして、七十二候で、啓蟄の最初の候を「啓蟄戸を啓く」といいます
冬ごもりしていた虫が姿を現し出すという意味で
およそ3月5日から9日ころの季節です
この啓蟄になると、だいぶ春めいてきます
春分まであと半月ほどですね、ぽかぽかした陽だまりで、猫ガ目を細めます




すみれ
日本には百種類以上あるというスミレ、昔から愛され、詠われてきました
濃い紫色の花びらの菫が思い浮かびますが、ほかにもさまざまな種類があります
優しい色合いの、たちつぼすみれは、北海道から沖縄まで見られる代表的な菫です

「山路来て何やらゆかしすみれ草」 松尾芭蕉




画像掲示板の課題 

花の便りを待つ3月ですね
画像掲示板も春らしい、お好きな写真を貼っていただけると嬉しいです


投稿はここをクリック→課題・画像掲示板
 


スポンサーサイト
07:00 |  trackback: -- | comment: -- | edit