my Favorites photo

言葉に出来ない、言葉にしきれない、感動の瞬間を逃したらもう出会えない,そんな思いこみ写真

2月26日 春浅し 

 |




2月26日 春浅し

「春は名のみの風の寒さや」で始まる「早春賦」は、このごろの微妙な季節感を
うまくとらえていますが、この季節を現すことばに「春浅し」というのがあります
季節が浅いとか深いといういい方には別に「秋深し」があるくらいで「冬浅し」
「夏深し」だとは言いません、秋にも「深し」「深まる」はあっても「浅し」はない
「浅し」は、春専用の言葉です・・「深し」「浅し」は元来表面から底までの距離の
長短を言うことであるけれども、色彩の濃淡にも使います
「浅緑色」「深紅色」も類です。「春浅し」も春の色が浅いという感じです
「春の色」という言葉は「古今集」に出てきますが、中国の「春色」の訳だそうです
「景色」のショク(おもむき)を色彩の意味にとりなして、これに「浅し」「深し」など
形容をつけたのは日本人の発明だそうです
冬は一番色彩のない季節で、春・夏と進むにつれて色彩が豊かになることを思うと
春に限って「浅し」といった日本人の季節感覚は素晴らしいですね



ウグイスカグラ
4月~5月ごろ、淡いピンク色で先端が5つに開いたラッパ状の小さな花を咲かせます
花後、長さ1cmほどの楕円形の果実がで、果実の生長は早く、6月ころには赤く熟します
熟した果実は透明感があり、日に当たると透き通るような美しさがあり、食べると甘いです





画像掲示板の課題 

2月も終わりが近くなりまもなく3月です
画像掲示板は、しばらく課題をなくします・・お好きなもの貼っていただけると嬉しいです



投稿はここをクリック→課題・画像掲示板 







スポンサーサイト
07:00 |  trackback: -- | comment: -- | edit