my Favorites photo

言葉に出来ない、言葉にしきれない、感動の瞬間を逃したらもう出会えない,そんな思いこみ写真

2月23日 春泥散歩 

 |




2月23日 春泥散歩(しゅんでいさんぽ)

暖かくなって、凍てつきこわばっていた土がゆるんで、ぬかるみになります
白いスニーカーなんて履いていると、泥だらけになる道
そんな地面の状態を春泥といいます
雨降りの後ならいつの季節にもぬかるみに出会えますが、春に出会えると嬉しい
春の泥さえ歓迎したくなるというこの時期ならではの風物なのです

俳句の春の季語としても多く詠われています
「ゆるゆると児の手を引いて春の泥」 杉田久女
「春泥や母を背負へばいと軽く」津田政彦
「春泥に押しあひながら来る娘」 高野素十



フキノトウ
まだ少し時期的に早いようですが、それでも数個顔を出してきています





画像掲示板の課題 

暑い寒いが極端に変化しながら、もう2月になりました
画像掲示板は、しばらく課題をなくします・・お好きなもの貼っていただけると嬉しいです


投稿はここをクリック→課題・画像掲示板 





スポンサーサイト
07:00 |  trackback: -- | comment: -- | edit