my Favorites photo

言葉に出来ない、言葉にしきれない、感動の瞬間を逃したらもう出会えない,そんな思いこみ写真




2月20日 土脈潤い起こる(どみゃくうるおいおこる)

雨水に入って最初の七十二候の季節は、土脈潤い起こる・・です
およそ二月十九日から二十三日ころまでのことを言います
初春の雨が暖かく降り注いで、大地が潤い、目覚めてゆくという意味
土がぬかるみを帯び、地中で眠っていた生き物が顔を出すまであと少し
土脈とは不思議な言葉ですが、人の体が脈打つように
大地の中でも、例えば地下水脈が流れ、地層が連なり、空気を含み
沢山の生き物を抱変えています
そんな生き物の命の源として大地が脈打つ、その気配がわいてきます




藍の花
布を深く染める藍。東南アジア原産のタデ科の一年草
日本に最も古く渡ってきた染料植物で、2月頃種を撒き
17cmほどに伸びると、苗床から畑に移植します
江戸時代中頃から徳島の阿波が藍の名産地になりました
豊穣を祈って苗畑に御神酒を振りまきます
6月上旬ころには、約50~60cmくらいの丈に育って
藍の茎葉を刈り取って、生葉染めにします
8月のお盆を過ぎる頃、冷涼な風が吹いていたりするところ
花が咲き始めます(写真は昨年のものです)





画像掲示板の課題 

暑い寒いが極端に変化しながら、もう2月になりました
画像掲示板は、しばらく課題をなくします・・お好きなもの貼っていただけると嬉しいです


投稿はここをクリック→課題・画像掲示板 




スポンサーサイト
07:00 |  trackback: -- | comment: -- | edit