my Favorites photo

言葉に出来ない、言葉にしきれない、感動の瞬間を逃したらもう出会えない,そんな思いこみ写真

2月19日 雪消の水(ゆきげのみず) 

 |




2月19日 雪消の水(ゆきげのみず)

二十四節気で、立春の次の季節は、雨水です
いままで空から降った雪が、暖かくなり雨に変わって氷が解けだす頃のことです
農作業の上で、雨水は昔から仕事始めの目安とされる季節でもありました
山の雪が解けて川に流れ込み、勢いが早くなるのがこのころ
それを雪消の水、あるいは雪代(ゆきしろ)雪汁(ゆきしる)といいます
春の訪れを感じさせますが、時には雪崩をもたらすこともあり
激しい勢いで濁った川の様子は、雪濁りとよばれています



セツブンソウ キンポウゲ科

山地の木陰などに春早く芽を出し、節分のころに開花することからこの名が
実際には、この地方では節分過ぎてから咲くことが多いです
白いかわいらしい花ですが、花弁と見えるのは実は大きな咢なのです




画像掲示板の課題 

暑い寒いが極端に変化しながら、もう2月になりました
画像掲示板は、しばらく課題をなくします・・お好きなもの貼っていただけると嬉しいです


投稿はここをクリック→課題・画像掲示板 




スポンサーサイト
07:00 |  trackback: -- | comment: -- | edit