2月8日 事八日(ことようか)





2月8日 事八日(ことようか)

事八日は、一年の仕事始めの日、農事や祭事を今日から始めるという節目の日
よく知られた言葉は「事始め」は多分ご存知でしょう・この日のことを言います
お餅をついたり、麦飯を炊いたり、地方によって習わしは様です
なかには芋やゴボ、大根、小豆、ニンジン、クワイ、こんにゃくなどの具を
たっぷり入れたみそ汁、お事汁をいただく慣習もあります
大地の栄養を受け取った野菜がいっぱいの、お事汁は、体の芯から温まり
滋養たっぷりで、仕事初めに元気が出そうですよね


スノードロップ
スノードロップは、アダムとイヴの物語から来ているといわれています
禁断の実を食べてしまったアダムとイブの2人が、楽園を追い出され
困っていたとき、天使がアダムとイヴを慰めるため、舞い落ちる雪を
スノードロップに変えたという言い伝えに由来するといわれます
日本では待雪草と呼ばれ、冬を耐え忍び、花を咲かせるのを待つ様子からきています
学名 Galanthus(ガランサス)待雪草を指す時は Galanthus nivalis
「Galanthus(ガランサス)」の意味は、ギリシャ語で乳を意味する言葉
「gala(乳)」と、花を意味する言葉「anthos(花)」の組み合せた言葉です
待雪草を指すときの「nivalis(ニヴァーリス)」は
「雪の時期の」という意味の言葉で、「Galanthus nivalis」は
「乳白色の花」ということになります




画像掲示板の課題 

暑い寒いが極端に変化しながら、もう2月になりました
画像掲示板は、しばらく課題をなくします・・お好きなもの貼っていただけると嬉しいです


投稿はここをクリック→課題・画像掲示板 



スポンサーサイト
[ 2016/02/08 ] | TB(-) | CM(-)