my Favorites photo

言葉に出来ない、言葉にしきれない、感動の瞬間を逃したらもう出会えない,そんな思いこみ写真





1月25日 水沢腹く堅し(みずさわあつくかたし)

水沢腹く堅し、は七十二候で、大寒の真ん中の季節
沢に水が厚く固く張り詰める頃、という意味で、寒さ極限ということですね
およそ1月25~29日ころの五日間ほどの候ですが
日本の最低気温記録されたのもこのころのことです
明治35年(1902年)㋀25日の旭川市で、-41度が観測されました
地中ではもう泉の水が動き出しているけれど(小寒 水泉動く)
地上では、川も湖もまだ厚く氷が張っています

この時期に赤い実をつける青木(ミズキ科)があります
冬の最中にも緑の枝を保つ常緑低木で、冬に赤く熟す実は毒性があり
食べられることありませんが、葉は刻んで火にあぶったものは
オデキに効くといわれ民間療法で長く使われ、庭に植えられていました
異名に「桃葉珊瑚(とうようさんご)」といいますが
実の美しさと葉の効用からつけられたもののようです







画像掲示板の課題 

1月ですね・
寒さがぐっと身に染みますね、風邪などひかないように気を配ってください
今年から、しばらく課題はなくします・・お好きなもの貼っていただけると嬉しいです
お返事のコメントは書きますので、少しだけ会話が楽しめたらうれしいです


投稿はここをクリック→課題・画像掲示板 




スポンサーサイト
07:00 |  trackback: -- | comment: -- | edit