my Favorites photo

ARTICLE PAGE

シャコバサボテン

author photo

Byぱふぱふ(pafu)

-



シャコバサボテン

学名 Schlumbergera 
花びらの質は薄く後ろ側に反り返り、冬に咲く品種を「クリスマス・カクタス」
デンマークで品種改良された大輪で花付きの良い品種群を
「デンマーク・カクタス」と呼ぶこともあります
サボテンと名がつくために暑さに強いイメージですが寒さに強く真夏の暑さに弱い
高山地域で木や岩に着生する植物で、ブラジル南東部に6種が知られています
サボテンという名前のように多肉植物ですが、いずれも霧の多い森林の樹上に
自生していますから土がずっと湿っていると根ぐされを起こします
一般に出回っているのは、リオ・デ・ジャネイロ付近原産の
シャコバサボテン(シュルムベルゲラ・トルンカタ Schlumbergera truncata)
カニバサボテン(S・ルッセリアナ S. russeliana)のほか
クリスマスカクタス(シュルムベルゲラ・バックリー S. × buckleyi)など
両種をメインとした交雑種です
 
























画像掲示板の課題 

12月ですね・
寒さがぐっと身に染みるようになりましたので~
12月の課題は・・・「暖かい物」

もちろん写真なら何でも構いませんが
課題に挑戦される方は
冬を感じさせる・・暖かいのを~。

投稿はここをクリック→課題・画像掲示板
 


スポンサーサイト
Share