my Favorites photo

言葉に出来ない、言葉にしきれない、感動の瞬間を逃したらもう出会えない,そんな思いこみ写真

皇帝ダリア  

 |






皇帝ダリア

学名 Dahlia imperialis 別名 木立ダリア・インペリアルダリア
ダリア属の植物は、メキシコから中米に27種が分布します
日本には江戸時代末期の1842年(天保13年)にオランダ人によって
もたらされたといわれています
名前の由来は、リンネ(スェーデンの博物学者、生物学者、植物学者)の弟子の
スェーデンの植物学者アンデル・ダース(Anders Dahl)からきているそうです
和名は「天竺牡丹(テンジクボタン)」と言い
花の形が牡丹に似ていることからつけられたようです
茎は木質化し、3種がツリーダリアと呼ばれていますが、その中の
皇帝ダリア(Dahlia imperialis、D・インペリアリス)は
特に茎が太くなり草丈が高くなり成長すると5~6mにもなり
2階の窓から花を楽しこともできるようになりますが
日が短くならないと花芽ができないので、開花期が遅く
11月下旬くらいから花が咲き出しますが近くに街灯や電灯があると
日が長いと勘違いして、花芽をつけないのことがあるそうです










画像掲示板の課題 

11月の課題は・・・「木の葉」

もちろん写真なら何でも構いませんが
課題に挑戦される方は
晩秋から初冬を感じさせるものなら何でもOK・・。

投稿はここをクリック→課題・画像掲示板
 



スポンサーサイト
07:00 |  trackback: -- | comment: -- | edit