my Favorites photo

言葉に出来ない、言葉にしきれない、感動の瞬間を逃したらもう出会えない,そんな思いこみ写真

ジョウビタキ 

その他 |





ジョウビタキ

小春日和の今日この頃、山から下りてきた鳥が人家の側に来て親しげに囀ります
かわいい姿に、今年もやってきたなって思わず挨拶してしまいます
人をあまり恐れないなつっこさがあってかわいい小鳥で、写真家にも好まれています
明るい感じの赤茶色の胸に白い斑点が目立ち、モンツキドリとも呼ばれています
ジョウビタキのヒタキは、この鳥の鳴き声がカチッカチッと、火でも打ってるよな
印象化を与えることからきた名前だとも言われていますが、ではそのジョウの意味は?
上等な意味からではという人もいますが、古典仮名づかいが違いむつかしいです
そこである学者さんによると「高砂の尉」の「ジョウ」で老翁もことではないかと
この鳥の頭が灰色なのをロマンスグレーに見立てたのではないかと
また、炭火が燃えた後の白い灰になるのを「ジョウ」という方言もあります
これも同じ語源で、室町時代に高砂の翁が有名になると、盛んにそれを連想させるものを
「ジョウ」と呼んだようで、その時にこの鳥もジョウビタキと呼んだのではないかと
名前一つでもいろいろ想像させ、陽だまりで日が暮れるまで鳥見て楽しいひと時です











画像掲示板の課題 

11月の課題は・・・「木の葉」

もちろん写真なら何でも構いませんが
課題に挑戦される方は
晩秋から初冬を感じさせるものなら何でもOK・・。

投稿はここをクリック→課題・画像掲示板
 



スポンサーサイト
07:00 |  trackback: -- | comment: -- | edit