my Favorites photo

言葉に出来ない、言葉にしきれない、感動の瞬間を逃したらもう出会えない,そんな思いこみ写真

山茶花の花 

 |





山茶花の花

学名 Camellia sasanqua ツバキ科 ツバキ属
属名の Camellia はイエズス会の宣教師「カメル(G. J. Kamell)師」の名から
マニラに住み、東アジアの植物を採集したそうです
種小名の sasanqua は「山茶花」のことです
果実から採取した油は椿油と同様に用いられています
和名の由来は、山茶花の読み「サンサカ」が訛ったものと言われています
ふと見上げた木の先のほうに、山茶花の花がひっそりと開いています
ちょっとスマホでは遠すぎた感じでしたが咲き始めなので~
この花が咲くと冬の訪れを感じさせます・・今年はいつになく早い気がする
この花のつつましやかで静かな風情は古人から現代までずっと楽しまれている花
サザンカを漢字にすると「山茶花」、つまり山に咲くお茶の木に似た花という意味
なのか「サザンカ」ではなく「サンザカ」というべき花がひっくり返ってしまった
この花が咲くとついつい言葉について思いが巡ってしまいます













画像掲示板の課題 

11月になりますね
11月の課題は・・・「木の葉」

もちろん写真なら何でも構いませんが
課題に挑戦される方は
晩秋から初冬を感じさせるものなら何でもOK・・。

投稿はここをクリック→課題・画像掲示板
 


スポンサーサイト
07:00 |  trackback: -- | comment: -- | edit