my Favorites photo

言葉に出来ない、言葉にしきれない、感動の瞬間を逃したらもう出会えない,そんな思いこみ写真

神輿草(みこしぐさ)  

 |





神輿草(みこしぐさ)

この時期、草原を歩くと目にします
春の花の時もかわいい花が一面に広がるのを見ますが
秋になるとこの変わった形の姿で種を飛ばす姿が見られます
学名 Geranium nepalense Sweet Subsp. thunbergii Hara フウロソウ科
和名 減の証拠 別名 ミコシグサ(神輿草)
葉は、掌状に3~5裂し、それぞれの先端にとがった歯がある葉を対生し、葉柄が長い
花は、枝先や葉のわきから花柄を出し、花弁5枚の紅色~白色の花をつけます
果実は、細長いくちばしを持ち、熟すと勢いよく裂開して黒色の種子を飛ばします
下痢止めの民間薬として、古くから利用されて、和名を「現の証拠」と呼び
服用すると即効性があるということからこの名がついたそうです
別名のミコシグサは、熟して裂けた果実の形から神輿(みこし)の屋根を連想したもの












画像掲示板の課題 

10月の課題は・・・「秋~」
課題は~
もちろん写真なら何でも構いませんが、秋を感じさせるものなら何で
もOK・・。


投稿はここから→課題・画像掲示板
 


スポンサーサイト
07:00 |  trackback: -- | comment: -- | edit