my Favorites photo

ARTICLE PAGE

シモバシラの花

author photo

Byぱふぱふ(pafu)

-




シモバシラの花

学名 Keiskea japonica シソ科 日本固有種 本州の関東地方から九州にかけて分布
上部の葉の脇に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し
片側だけに白い唇形の花を並べてつけます
葉は長い楕円形で、向かい合って生え(対生)葉の縁にはぎざぎざ(鋸歯)
花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)
和名の由来は、花の姿を霜柱に見立てたものだそうです
属名の Keiskea は、明治時代の植物学者伊藤圭介氏(名古屋生まれ)の名にちなみます
種小名の japonica は「日本の」という意味です
また、冬になると花が枯れて茎が残りますが根は生きているため
その茎が吸い上げた水を気温が低くなり凍らせ茎を割って出てきます(最後の写真)
これも冬の風物詩で写真家が集まります











画像掲示板の課題 

10月の課題は・・・「秋~」
課題は~
もちろん写真なら何でも構いませんが
秋を感じさせるものなら何でもOK・・。


投稿はここから→課題・画像掲示板
 



スポンサーサイト
Share