my Favorites photo

ARTICLE PAGE

とうがらし

author photo

Byぱふぱふ(pafu)

-




とうがらし(観賞用)

明るいベランダにひときわ赤色が目立って、ついつまんでみたい衝動に駆られる色です
でもこれがまた観賞といえども辛い辛い~~口にすると体中赤くなる気がします(笑)

学名 Capsicum ナス科トウガラシ属 別名 カプシクム
観賞用と食用とあり観賞用は食べられません
ナス科植物に良く見られるタイプの花を咲かせます
「親の意見となすびの花は千に一つの無駄もなし」というように
ナス科の花はほぼ間違いなく実が付き花も綺麗です
観賞用トウガラシは、緑や紫、クリーム色から赤や黄
オレンジ色に変化するカラフルな果実を主に観賞しますが
紫や斑入りの葉をもつ品種もあり、果実とあわせて
観賞期間がとても長い植物です
トウガラシ属の植物は、南アメリカと北アメリカにかけての熱帯に
20種ほどが分布し日本ではトウガラシ属の植物は一年草として扱われますが
原産地では多年草になるものもあります
日本でも5℃程度を保てる温室や沖縄地方では多年草になります。
最も多く栽培されているアンヌム種(Capsicum annuum)は
2000年以上前から栽培され、コロンブスがスペインに伝えたことでも知られており
日本でも1500年代には栽培が始まったとされています
食用、観賞用を問わず、日本で栽培されるトウガラシのほとんどは
このアンヌム種を改良したもので、花色が少し緑がかった
シネンセ種(C. sinense)や、花が紫色のプベスケンス種(C. pubescens)などが
交配されて、多様な品種が流通しています










画像掲示板の課題 

10月の課題は・・・「秋~」
課題は~
もちろん写真なら何でも構いませんが、秋を感じさせるものなら何でもOK・・。


投稿はここから→課題・画像掲示板
 

スポンサーサイト
Share