my Favorites photo

言葉に出来ない、言葉にしきれない、感動の瞬間を逃したらもう出会えない,そんな思いこみ写真

ホトトギス草  

 |





ホトトギス草

学名 Tricyrtis Wall. ユリ科ホトトギス属 
和名 杜鵑草 別名 油点草(ユテンソウ)原産地 日本、東南アジア 
山地に生える多年草ですが、最近はその美しさから園芸品種も増えています
ホトトギスも山の中で見つけるものと、花屋さんで売っている園芸品種では
色柄が違っているのが見比べるとよくわかります
葉のわきに花をつけ、白色で濃紅紫色の斑点がある花被片(かひへん)6個からなります
ホトトギスの仲間(属)は、世界で約20種ほど知られています
その大半が日本の関東地方以西の太平洋側を中心にして分布し
野原や渓谷の岩場等に自生しています
花が上向きに咲くタイプと釣鐘状に咲くタイプがあります
日本産のものは山野草として鉢植えにされ、タイワンホトトギスやその交配種は
庭に植えて楽しまれています
漢字で「杜鵑草」と書きますが「時鳥草・郭公」と書かれることもあります
花に紫色の斑点があり、それが野鳥のホトトギスの
胸の模様に似ていることが、名前の由来です
「大和本草」には、杜鵑の羽の紋に似たり、絞り染の如しと説明されています
杜鵑、不如帰、子規、郭公、時鳥などさまざまに書き表される「ホトトギス」ですが
花の場合は、杜鵑草と書かれることが多い
鵑だけでもホトトギスを表す漢字ですが、中国の蜀の王、杜宇が亡くなって
ホトトギスになったという伝説から、彼の姓をとって「杜鵑」と書くのだとか
それに草を付けるのですから、読みは同じでも漢字にすると区別がよくわかりますね
この花は、俳句の秋の季語になっています
鳥のホトトギスは「鳴いて血を吐くほととぎす」といわれるように
真っ赤な口の奥を見せて鳴き続ける姿に、悲壮感さえ漂いますが
植物の杜鵑草の花は、おだやかそのもの、まるで、飛び去った後の面影のように
山の斜面に揺れています








画像掲示板の課題 

9月の課題は・・・「秋の始まり~」
課題は~
もちろん写真なら何でも構いませんが、初秋を感じさせるものなら何でもOK・・。


投稿はここから→課題・画像掲示板
 


スポンサーサイト
07:00 |  trackback: -- | comment: 6 | edit

コメント

おかえりなさ~い
これからまた素晴らしいお花アップが見られるのですね
無理なさらずボチボチとね~

ホトトギスの花言葉
永遠の若さ・・・とか
何時までも若く、あまずっぱい京都を想い出に
お過ごしください。。。

noko #- | URL | 2015/09/17 08:32 * edit *

お寺のお庭で見せていただくことが多いので
渓谷の岩場に自生する姿など想像したこともありませんでした。

↑ 上のコメントが気になりました。
ホトトギスの花言葉は「永遠の若さ」
庭に欲しくなりました(笑)

miya #- | URL | 2015/09/17 09:51 * edit *

ホトトギス こんなお花だったのですね。
「和」ですね~。
最近、俳句の本を借りてきて、「季語」を色々知りたいな~って思っています。

初のコメント!(拍手より何だか気軽な感じです~)

ツッコ #- | URL | 2015/09/17 18:08 * edit *

nokoさん・・・コメントありがとう~
まだ当分カメラ持ってお出かけできないので・・
庭の花とか家の周りの花で・・なんとか(笑)

そうですか・・花ことばね~
我が家のホトトギスソウはきっと永遠の若さがあるのかも

ぱふぱふ #- | URL | 2015/09/18 08:23 * edit *

miyaさん・・・
ホトトギスソウもいろいろ種類があって・・
里山などでは・・ヤマジノホトトギスなどが・・そして
園芸店で売ってる花が浸透してお庭には・・
タイワンホトトギスが多いですね

やはり・・永遠の若さは気になりますか(爆)

ぱふぱふ #- | URL | 2015/09/18 08:26 * edit *

ツッコさん・・・初コメントとありがとう~

そうですね・・この花は和のテイストが高いですね
歳時記は季節を知る手掛かりにもなるし
特に間違って覚えられている季節感や
最近あまり使われなくなった素敵な言葉もあるし・・
季節ごとの花も覚えやすいので・・いいことですね
歳時記の花と実際に咲く時期が微妙に違うのも発見です
わたくしも歳時記にもとづいて花をアップしています

ぱふぱふ #- | URL | 2015/09/18 08:34 * edit *

コメントの投稿

Secret