my Favorites photo

言葉に出来ない、言葉にしきれない、感動の瞬間を逃したらもう出会えない,そんな思いこみ写真

雁(がん)来る  

その他 |







雁(がん)来る

北の国から雁がやってくる時節、雁には「四徳」があるといわれています
「礼」・・列に秩序がある
「信」・・ゆく道帰る道を違えないこと
「節」・・連れ合いをなくしたら一生独身でいること
「智」・・夜は一羽が見回りに立ち、昼は矢を避けるために
鳴かぬように葦をくわえて飛ぶ
滝廉太郎作曲で有名な「荒城の月」の詩(土井晩翠)に
「秋陣営の霜の色。鳴きゆく雁の数見せて」と歌われるほど
次々と飛翔してくるマガンは日本古来よりの秋の風物詩だったようです
秋と関連付けてのマガンは、伊勢物語にも歌われています。
「雁なきて菊の花さく秋はあれど春の海辺にすみよしの浜」
「雁」という字は、ガンともカリとも読まれ、カリが語源であったようですね
万葉集には「あしひきの山飛びこゆる可里我ね(カリガネ)は都に行かば妹にあひて来ね」
また古今和歌集に、「春霞かすみていにしかりがねは今ぞ鳴くなる秋ぎりの上に」とあり
源氏物語、須磨の巻に出てくる和歌には~
「とこ世いでて旅の空なるかりがねもつらに後れぬ程ぞなぐさむ」
比較的カリガネの飛来数も多かった昔、カリガネとマガンは区別されず
一様にカリガネと呼ばれ、その意味でカリガネはマガンの語源とされ
カリが略語、そして江戸時代に入り、マガンとカリガネが別種として認められて
今日に至っていると思われます
秋にやってきて春に去るマガンは、季語としては春、秋、冬に対応しています
春の場合は、「残る雁」、「帰雁」、「いまわの雁」などが
冬の場合は、「冬の雁」や「寒雁(かんがん)」として使われ
それ以外には秋の季語として使われています

病雁の夜寒に落て旅寝かな     芭蕉
雨となりぬ雁声昨夜低かりし    正岡子規
雁の声のしばらく空に満ち     高野素十
雁啼くやひとつ机に兄いもと    安住 敦
雁見るや涙にぬれし顔二つ     高浜虚子

マガンにとどまらずガンの仲間は、基本的に家族単位で小さな群を編成します
雌雄つがいの関係はほぼ生涯継続されるとも言われています
しかし、繁殖時期に入るとそれまでの子供を追い払ってから繁殖活動に入りますので
この群れの構成は毎年変化していますが、群れから追放された若鳥たちは
同じ仲間で群れを編成することも観察されています
雁行といわれる三角状の編成飛行は、先頭の羽の上下動による浮力を受け
次列以降に位置する個体へ乱気流による飛行活動の負担を軽減するといわれ
先頭に位置する個体は時々代わることも観察されています
飛行機もこの行動を理解して編隊飛行の時にこの姿で飛びます
つがいで過ごす時期が長く続く、家族単位で行動する、また小さな群れで
親鳥がさまざまに異なった鳴き声やしぐさで群れを率いることから
古来人々に情を解する鳥として親しまれてきたのです(一部ネットから転載)








画像掲示板の課題 

10月の課題は・・・「秋~」
課題は~
もちろん写真なら何でも構いませんが、秋を感じさせるものなら何でもOK・・。


投稿はここから→課題・画像掲示板
 


スポンサーサイト
07:00 |  trackback: -- | comment: -- | edit